IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ZOZOチャンピオンシップ特集
プロキャディ・進藤大典さんが占う、
「ZOZOチャンピオンシップ」のポイント

アプリ限定

18年まで松山英樹の専属キャディを務めていた進藤さん(写真右)。日本初開催となるPGAツアー「ZOZOチャンピオンシップ」について解説してくれた
18年まで松山英樹の専属キャディを務めていた進藤さん(写真右)。日本初開催となるPGAツアー「ZOZOチャンピオンシップ」について解説してくれた【写真:ロイター/アフロ】

 タイガー・ウッズやローリー・マキロイなど、世界の超一流プロが日本に集結する「ZOZOチャンピオンシップ」が10月24日(木)に開幕する。2018年まで松山英樹選手の専属キャディを務めた進藤大典さんに、キャディ目線から試合のポイントを占ってもらった。

ティショットで持つクラブに注目

キャディ目線でZOZOチャンピオンシップの見どころを解説してくれた進藤キャディ
キャディ目線でZOZOチャンピオンシップの見どころを解説してくれた進藤キャディ【(C)Yazuka WADA / JapanSports】

――日本初となるPGAツアートーナメント「ZOZOチャンピオンシップ」が10月24日(木)から開催されます。進藤さんは会場の「アコーディア・ゴルフ習志野カントリークラブ」のコースをチェックされたそうですが、どんな印象ですか?


 実際に見ましたが、最高のコースコンディションでした。ディボット跡もなく、ラフの芝もみっちりと生えそろっています。じゅうたんみたいなフェアウェイと整ったラフ。きちんと芽が詰まっているので、生え方が均一なんです。プロトーナメントのセッティングでも結構芝がまばらだったりするコースもあるのですが、習志野はきれいにそろっています。こっちのラフは短くて、こっちは長いというふうに、意図的につくっているコースもありますが、意図してきれいにつくりこんでいるのが分かります。ラフは芝が根強くて見た目以上に詰まっているので、クラブが抜けないと思います。もう少し伸びてくるとPGAの選手でも苦労するのではないでしょうか。グリーンが固くなれば止まらないと思いますし、かなり難しいセッティングになると思います。


――アメリカのコースと比べて広さはいかがですか?


 やっぱり狭いですね。間違いないです。アップダウンはそんなにありませんが、ドッグレックのホールもあり、OBもあります。どの選手も気を遣うと思います。


――距離が短いので、ドライバーを使わない選手も多いのでは?


 たしかにアウトコースは少ないかもしれませんね。一方で、インコースは11番、12番のように、ドライバーを打って行かないとタフになるコースが多いです。


――優勝の行方を左右しそうなホールはいかがですか?

構成:スリーライト

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント