捕手・森友哉が「打力」で突出
アナリストが選ぶ月間MVP<2019年8月>

 連載「アナリストが選ぶ月間MVP」。データスタジアム社の野球アナリストが、さまざまな数値を基に各月のプロ野球月間MVPを選出していく。


 今回は8月分を紹介。セ・パ両リーグでナンバーワンに輝いた選手は誰か!?

8月は打率.370、10本塁打と打ちまくった西武・森。捕手でありながら、その傑出した打力はチームの大きな強みとなっている
8月は打率.370、10本塁打と打ちまくった西武・森。捕手でありながら、その傑出した打力はチームの大きな強みとなっている【写真は共同】

 打撃、守備、走塁、そして投球。さまざまな角度から選手を評価する指標がWAR(Wins Above Replacement)だ。WARの示す数字は、控えクラスの選手を起用した場合と比較して何勝分チームに貢献できたかを表す。本企画は、この総合指標WARを用いて両リーグの「月間MVP」、そして新人王の資格を持つ選手による「新人月間MVP」を選出する試みである。


※選出部門:野手部門、投手部門、新人部門(セ・パ両リーグで各1名ずつ選出)

※データは2019年8月終了時点のもの、注釈がなければ8月の月間成績

※新人王の有資格者:海外のプロリーグ経験なし、初めて支配下登録されてから5年以内。投手は前年までの1軍の登板イニング数が合計で30回以内、打者は前年までの1軍の打席数が60打席以内。

パ・リーグ野手部門:森友哉(埼玉西武)

【データ提供:データスタジアム】

 森友哉(埼玉西武)がWAR2.0でトップに立った。


 現在首位打者を走る森だが、8月は.377の高打率に加え、10本塁打と長打を連発。月間防御率5.44と打ち込まれた投手陣のリードに苦心したものの、3番打者として西武打線をけん引している。派手な打撃戦を連日のように展開している西武だが、捕手でありながら傑出した打力を持つ森の存在は大きな強みとなっている。


 4位のロメロ(オリックス)は月間打率.385、7本塁打と好調なバットでチームに貢献。リーグでもトップクラスの打力を誇る欠かせない戦力だが、惜しむらくは故障しがちで頻繁に戦線を離れてしまうこと。9月4日にも膝を痛めた影響で一軍登録抹消となってしまった。

セ・リーグ野手部門:鈴木誠也(広島)

【データ提供:データスタジアム】

 8月のセ・リーグで最も高い貢献を示した野手が鈴木誠也(広島)だった。4連覇の可能性が風前の灯火となる苦しいチーム状況の中、赤ヘル軍団のフラッグシップとして攻守にわたる幅広い活躍。月間打率.361、3本塁打の打撃成績はもとより、右翼手として優れた守備範囲による貢献が光った。

広島・鈴木(写真中央)は攻守にわたり優れた数値を出し、セ・リーグ野手部門のトップに
広島・鈴木(写真中央)は攻守にわたり優れた数値を出し、セ・リーグ野手部門のトップに【写真は共同】

 2位の山田哲人(東京ヤクルト)は8月だけで9つの盗塁を記録。23日にはシーズンをまたいで33連続盗塁成功の日本記録を樹立した。月間本塁打も8本記録し、日本球界初の「40本塁打・40盗塁」達成の可能性も見えてきている。


<次ページは投手部門>

データスタジアム株式会社
データスタジアム株式会社

日本で唯一のスポーツデータ専門会社。 野球、サッカー、ラグビー等の試合データ分析・配信、ソフト開発などを手掛ける。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント