悲願校
全国の系列13校の中で唯一の甲子園未出場
東海大高輪台の夢はいつ叶う?

アプリ限定

2017年夏、東海大高輪台はエース宮路を擁して東東京大会決勝に進出。しかし、あと一歩及ばず
2017年夏、東海大高輪台はエース宮路を擁して東東京大会決勝に進出。しかし、あと一歩及ばず【写真:日刊スポーツ/アフロ】

 何事も「仲間の中で自分だけが成し遂げていないことがある」というのは、肩身の狭いものだ。ましてや、その課題のクリアに何度も失敗していたりすれば、悔しさもひとしお。悲願校には、そういったタイプの高校もある。たとえば同じ大学のグループ校で唯一、甲子園出場を果たしていない、というケースだ。その高校は、首都・東京のど真ん中にあった。

「逆・最後の砦」状態…肩身が狭そう

「日大」と「東海大」は、いずれも日本のマンモス私大だが、高校野球ファンにとっては、大学以上になじみのある響きだ。付属校や準付属校、提携校など、校名に「日大」「東海大」の名が付く高校は、甲子園常連校が多いのだから。


 ちなみに2018年夏の甲子園出場校のうち、「日大」の関係校は3校、「東海大」の関係校は1校。2000年以降の18年間、夏の甲子園で両校の関係校が1校も甲子園に出場しなかったのは2016年夏の1度だけだ。これだけ甲子園に定着している「日大」「東海大」の関係校だが、それでもまだ、甲子園未到の関係校もある。


「日大」のほうであれば岩瀬日大(茨城)、千葉日大一(千葉)、日大習志野(千葉)、日大高(神奈川)と、複数存在している。「東海大」に比べると、関係校が多いので、なかなか「野球部のある全関係校の甲子園出場」は達成できるものではない。ちなみに、2019年度は日出(東東京)が日大の準付属校となり、目黒日大となる予定である。

田澤健一郎

1975年生まれ、山形県出身。高校時代は山形県の鶴岡東(当時は鶴商学園)で、ブルペン捕手や三塁コーチャーを務める。大学卒業後、出版社勤務を経てフリーランスの編集者・ライターに。野球などのスポーツ、住宅、歴史などのジャンルを中心に活動中。共著に『永遠の一球 〜甲子園優勝投手のその後』(河出書房新社)など。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント