森保監督「成長し、東京五輪につなげる」
コパ・アメリカ日本代表メンバー発表会見
コパ・アメリカのメンバー発表会見が行われた
コパ・アメリカのメンバー発表会見が行われた【写真:森田直樹/アフロスポーツ】

 日本サッカー協会は24日、都内で会見を開き、6月15日(日本時間)から開幕するコパ・アメリカに臨む、日本代表メンバー23名を発表した。


 久保建英(FC東京)中山雄太(ズヴォレ)、大迫敬介(サンフレッチェ広島)らは、キリンチャレンジカップに続き選出されたほか、東京五輪世代から、安部裕葵(鹿島アントラーズ)、三好康児(横浜F・マリノス)、杉岡大暉(湘南ベルマーレ)ら13名が初選出された。


 コパ・アメリカでグループCに所属する日本代表は、17日にチリとの初戦を戦う。

メンバー23名

GK:

川島永嗣(RCストラスブール)

小島亨介(大分トリニータ)

大迫敬介(サンフレッチェ広島)


DF:

植田直通(セルクル・ブルージュ)

板倉滉(フローニンゲン)

岩田智輝(大分トリニータ)

立田悠悟(清水エスパルス)

原輝綺(サガン鳥栖)

杉岡大暉(湘南ベルマーレ)

菅大輝(北海道コンサドーレ札幌)

冨安健洋(シントトロイデン)


MF:

柴崎岳(ヘタフェ)

中島翔哉(アルドゥハイル)

中山雄太(ズヴォレ)

三好康児(横浜F・マリノス)

伊藤達哉(ハンブルガーSV)

松本泰志(サンフレッチェ広島)

渡辺皓太(東京ヴェルディ)

安部裕葵(鹿島アントラーズ)

久保建英(FC東京)


FW:

岡崎慎司(レスター・シティ)

前田大然(松本山雅FC)

上田綺世(法政大)

関塚「クラブに趣旨を理解いただいた」

U-20日本代表で10番を付ける安部ら、13名が初選出となった
U-20日本代表で10番を付ける安部ら、13名が初選出となった【写真:森田直樹/アフロスポーツ】

登壇者:

森保一(サッカー日本代表監督)

関塚隆(日本サッカー協会 技術委員長)


関塚 5月、6月のシリーズで、トゥーロン(国際大会)、コパ・アメリカと両大会に対して、クラブに対して拘束力のない中、われわれ代表は強化のために参加いただきたいと時間をかけてクラブに要請してきました。海外、Jクラブ、大学など、大会(参加)への趣旨を理解していただいた中での選手たちへの要請となりました。


 2つの大会に対して、要請に応えてくれたクラブ・メンバーの中から構成を考えさせていただきました。ラージの代表としてコパ・アメリカに参加します。


 5月、6月の代表活動としては、U-20(ワールドカップ)への参加、キリンチャレンジカップなど、大きな大会に各クラブが要請に応えていただきました。これに応えることができるように、チームの成熟、個の成長を前進させながら、「日本のサッカーたくましくなったね」「チーム力が上がったね」と評価いただけるように努力ていきたいと思います。これからも、ご支援のほどよろしくお願いいたします。


森保 まずコパ・アメリカに参加するにあたって、派遣義務のない大会の中、Jのみなさん、大学の皆さんにはシーズン中に戦力がダウンする中、選手を派遣していただき、われわれに協力していただけることに感謝を申し上げたいと思います。ありがとうございます。


 また、海外のクラブもオフシーズンに選手を休ませたい中、協力していただいた。感謝の言葉を申し上げたいです。


 素晴らしい大会にクラブの協力を得て参加します。南米のチームと真剣勝負をして、派遣した選手たちには現地で少しでも成長してもらうということ。そしてクラブに帰った時に、「派遣してよかったな」と(クラブに)思っていただけるように、いい経験をしてクラブに帰り、そしてクラブでまた成長していく。そして(クラブの)他の選手にも刺激となるような、いい活動となるようにしていきたいと思います。

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント