清原和博への告白
怪物の背中を追いかけた末、自分を見失う
清原和博に敗れた男たちの告白

アプリ限定

京都西・関が打たれたのは清原の2本塁打を含む3安打だけ。その手応えがやがて自分を追い込むことに……
京都西・関が打たれたのは清原の2本塁打を含む3安打だけ。その手応えがやがて自分を追い込むことに……【写真提供:関貴博さん】

 1984年春の大会で、清原から2本の本塁打を打たれ、敗れ去った京都西・関貴博。類まれなる能力を持った右腕は、その後も大学野球、社会人野球と野球を続けていった。しかしながら、その歩みは苦難に満ちたものだった。

 関には、打者との戦いの前に、戦わなければならない相手がいた。あの2発が遠因となって、自分の心に刻まれた傷を、彼はどこまでも、見つめつづけた。

“心の傷”を感じさせる投球。

 1985年の秋、鈴木文雄は明治大学野球部のセレクションを受けていた。そして、そこで出会った長身の右腕に、こう話しかけたのを覚えている。

「お前、京都西の関だよな?」

 鈴木は東東京の強豪・二松学舎大付属で主砲として活躍したが、甲子園に出場することはできなかった。同世代の代表格と言えば、やはりKKだったが、鈴木は関の名前も知っていた。特に印象に残っていたのは、清原に2本のホームランを打たれた試合、あのPL打線を直球勝負で押し込んでいた姿だ。

「こんなすごい奴がいるんだな」

 そう思いながら、テレビを眺めていた。

 大学の入部テストは甲子園に出た者と、そうでない者に分かれて行われる。鈴木の胸の内に、いわゆる「甲子園組」への対抗心がなかったと言えば、嘘になる。それでも、どこか、謙虚で優しいところのある関とはすぐに打ち解けた。2人はともに合格し、やがて、毎日キャッチボールの相手をする間柄になった。

「関はキャッチボールであっても、他の投手とはまったく質の違うボールが来ていました。回転数が多いというか、打者の手元に来ても、スピードが落ちないような球でした」

 同じ1年生には、のちにプロ野球・日本ハムに入団する船山恭史らがいたが、そういった投手と同等か、それ以上の力があることはグラブに伝わる衝撃で、すぐにわかった。

 さらに、関には他の投手にはない能力があった。

鈴木忠平

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント