フライデーナイトJリーグ

L・ダミアンら新戦力との融合を探る川崎
鹿島戦で問われる新チームの真価

王者のプライドを持つチーム同士の戦い

「フロンターレで点を取らなければならないのは、自分だと思っている」と小林
「フロンターレで点を取らなければならないのは、自分だと思っている」と小林【写真:西村尚己/アフロスポーツ】

 エウシーニョが抜けたことで、右サイドバックも懸案とされていたが、ここにきてサンフレッチェ広島から加入したDF馬渡和彰に期待が集まっている。ここまでの公式戦2試合では、同じく新戦力のマギーニョが先発したが、馬渡は途中出場すると、いずれの試合でもチャンスを作り、クロスでも攻撃に厚みを見せた。同サイドでプレーする小林も「自分が中に入ることで、そのスペースをうまく使わせたい」と話す。馬渡自身も頻繁にコミュニケーションを取り、チームとの呼吸を合わせてきている。


 シーズンが開幕したばかりとあって、家長も話してくれたように、チームとしては探り探りなところもある。特に川崎は、あうんの呼吸が攻撃の代名詞でもあるだけに、コンビネーションや形を築き上げるまでには生みの苦しみを伴う。ただ、一昨年も昨年もそうした時期を乗り越えて、J1連覇を達成したという確固たる自信がある。加えて、2試合とも無失点で終えているように、強固な守備がチームを支えているという手応えも大きいだろう。


 ゼロックス杯を戦った浦和も、開幕戦を戦ったFC東京も、ある程度ブロックを形成し、守備を重視した戦いを挑んできた。だが、川崎と同じく王者のプライドを持つ鹿島は、これまでの直接対決でもそうだったように、前からボールを奪いにくるだろう。小林は言う。


「鹿島は選手が入れ替わっている中でも、タイトルを獲り続けているチームなので、リスペクトしつつ、しっかりと叩きたい。ボールを握られる時間帯もあるだろうし、攻め込まれる時間帯もあるだろうけど、逆に自分たちもカウンターを狙える場面も出てくると思う。攻撃のバリエーションは増えているので、考えて戦いたい」


 実際、引き分けに終わったFC東京戦もチャンスがなかったわけではない。小林は右サイドでプレーしながらも7本のシュートを放つなど、ストライカーとしての矜持を忘れたわけではない。だから、エースはこうも言う。


「どんな選手が入ってきても、フロンターレで点を取らなければならないのは、自分だと思っている。自分が得点すれば、試合に負けないので、今年もそこにこだわっていきたい」


 フライデーナイトとして行われるこの一戦を皮切りに、ともにACLとの連戦がはじまる。開幕戦を引き分けた川崎、敗れた鹿島ともに、これからはじまる連戦を乗り切るためにも勝ち点3がほしい一戦となる。言ってしまえば、王者のプライドを持つ者同士の対戦。それだけに川崎の真価が問われるのは、この鹿島戦となるだろう。

原田大輔

1977年、東京都生まれ。『ワールドサッカーグラフィック』の編集長を務めた後、2008年に独立。編集プロダクション「SCエディトリアル」を立ち上げ、書籍・雑誌の編集・執筆を行っている。ぴあ刊行の『FOOTBALL PEOPLE』シリーズやTAC出版刊行の『ワールドカップ観戦ガイド完全版』などを監修。Jリーグの取材も精力的に行っており、各クラブのオフィシャルメディアをはじめ、さまざまな媒体に記事を寄稿している。