無敗2歳王者始動! 共同通信杯データ分析
アドマイヤマーズは買い?消し?

前走新馬戦1着の好走馬

表5
表5【画像提供:JRA-VANデータラボ】

 今年は前走1着の登録馬が多い。そこでここからは、前走1着から共同通信杯で好走した馬の共通項を、前走クラス別で探っていきたい。


 表5は、前走新馬戦1着から好走した馬について共通項をまとめたもの。該当するのは、15年1着のリアルスティールと18年2着のサトノソルタスの2頭で、芝1800mの新馬戦を制した直後ながら3番人気と高い評価を受けていたことで共通する。そして、父はいずれもディープインパクト。このあたりに注目してみたい。

前走500万下1着の好走馬

表6
表6【画像提供:JRA-VANデータラボ】

 表6は、前走500万下1着から好走した馬について共通項をまとめたもの。該当するのは15年2着のドゥラメンテと3着のアンビシャス、18年1着のオウケンムーンの3頭で、共通するのはそれまでに出走したレースですべて上がり1位を記録していたことだ。表4の項で確認した通り、この組の好走率はそれほど高くないが、全レースで上がり1位を記録してきたほどの脚力の持ち主なら好走も可能ということだろう。

前走G2・G3で1着だった出走馬

表7
表7【画像提供:JRA-VANデータラボ】

 表7は、前走G2・G3で1着だった出走馬をまとめたもの。前走で重賞を勝っているだけに6頭中5頭が1番人気、もう1頭も2番人気と高く評価されているが、結果は【1.1.0.4】と意外に振るわない。そのなかで好走した2頭、12年2着のディープブリランテ、14年1着のイスラボニータの共通項として挙げられるのが、いずれも前走で東京スポーツ杯2歳Sを制していたことだ。このレースは、共同通信杯と同じ東京芝1800mで行なわれる。16年6着のスマートオーディンのように直結しなかった例もあるが、同条件で重賞1着の実績はやはり軽視できない。


 一方、東スポ杯以外の重賞で1着だった3頭の前走に注目すると、11年9着のダノンバラードがラジオNIKKEI杯2歳S、16年9着のハートレーがホープフルS、18年7着のグレイルが京都2歳Sと、いずれもコーナー4つの芝2000m重賞。距離の違いに加え、東京芝1800mとはコースレイアウトも大きく異なり、適性の違いが結果に反映されたとも考えられそうだ。

結論

 今年は出走登録が8頭と少なく、そのうちシュヴァルツリーゼが熱発のため出走回避を表明するなど、7頭立てと少頭数の組み合わせとなった。


 最初に取り上げるべきは2歳王者のアドマイヤマーズだが、前走G1で1着だった馬の出走は過去10年に1頭もいない。さらに遡ると06年に前走朝日杯FS1着のフサイチリシャールが2着に入った例があり、同馬は新馬戦4着のあと前走まで4連勝。アドマイヤマーズは無傷の4連勝なので、戦績としては上をいっている。ただし、フサイチリシャールが1800mでも2勝を挙げていたのに対して、アドマイヤマーズは4戦すべて1600m。有力な1頭には違いないが、距離に関してはあくまで未知数となる。


 実績で続くのは前走の京都2歳S1着のクラージュゲリエだが、共同通信杯には直結していない前走2000m重賞1着に該当する。今年は少頭数戦のため簡単に軽視もできないが、適性面で他馬に上回られる可能性があることは指摘しておきたい。


 前走500万下1着に該当するのは2戦2勝のダノンキングリー。新馬戦で上がり1位を記録できなかったのはこの組としては不満だが、前走は圧巻だった。3戦目でさらに上昇してくれば面白い存在になるか。前走新馬戦1着では、ディープインパクト産駒のゲバラに注目してみたい。


文:出川塁(でがわ るい)

1977年熊本県生まれ。上智大学文学部卒業後、出版社2社で競馬専門誌、競馬書籍の編集に携わり、2007年からフリーライターに。「競馬最強の法則」「サラブレ」「優駿」などへ寄稿するほか、出版社勤務時代を含めて制作に関わった競馬書籍は多数。馬券は単勝派だが、焼肉はタン塩派というわけではない。メインの競馬のほか、サッカーでも密かに活動中。

JRA-VANデータラボ

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント