進化したマエケンは日本選手へのヒント
大瀬良「当時とボールが全然違う」

アプリ限定

 2020年東京五輪での金メダルへ、日米野球は貴重な国際試合の場。MLB選抜との全6戦で得られる収穫と侍ジャパンの現在地を、中南米の野球にも詳しい中島大輔氏が伝える。

前田がマツダで凱旋投球

 3年ぶりに立ったマツダスタジアムのマウンドで、MLB選抜の先発・前田健太(ドジャース)は特別な高ぶりを感じていた。

「久しぶりにこの球場で投げることができて、僕にとって幸せな時間でした」

かつてのチームメイトは前田の凱旋登板を見て成長を感じ取った
かつてのチームメイトは前田の凱旋登板を見て成長を感じ取った【写真は共同】

「2018日米野球」第4戦に先発し、2イニングを被安打1で無失点。初球からストライクゾーンで積極的に勝負していく姿に、侍ジャパンの先発・大瀬良大地は広島でチームメイトだった頃からの進化を感じていた。


「アメリカに行かれて先発だけでなく中継ぎや、いろんな経験をされました。真っすぐの力強さをすごく感じたし、チェンジアップにはみんな対応しきれていなかった。日本のときに投げていたボールとは全然違うなと思いました」


 ストレートが力強くなった裏で、前田の新しい武器になったのがチェンジアップだ。今季からスプリットのように握りを変え、打者の手元で鋭く落ちるようになった。13日の一戦では2回、森友哉(埼玉西武)に1ボール、1ストライクからチェンジアップを3球続けてバットに当てさせず空振り三振を奪った。


「有効に使えていなかったボールで、昨年は良くなかったです。何かを変えないといけないと思ってやった結果、すごく有効なボールになりました」

中島大輔
中島大輔

1979年埼玉県生まれ。上智大学在学中からスポーツライター、編集者として活動。05年夏、セルティックの中村俊輔を追い掛けてスコットランドに渡り、4年間密着取材。帰国後は主に野球を取材。著書に『人を育てる名監督の教え すべての組織は野球に通ず』(双葉新書)。2013年から中南米野球の取材を行い、2017年に上梓した『中南米野球はなぜ強いのか』がミズノスポーツライター賞の優秀賞。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント