中日・与田新監督、闘将の教え胸に会見
「ファンを驚かせるチーム作りたい!」

星野監督に教わった「選手が最優先」の意識

現役時代は速球派リリーバーとして活躍し、新人王も獲得
現役時代は速球派リリーバーとして活躍し、新人王も獲得【写真は共同】

――どんなチームを作っていきたいか。


 ファンを驚かせるチームです! いろいろな部分でプロ野球選手というのは、人に簡単にできないようなプレーを見せるのが必要。一つ一つ(のプレー)、走ることも「おお、すごいな!」と思ってもらえるような個人の能力を高めて、それを組織の力として戦っていけるようにしていきたいと思います。


――理想、目標とする監督像は。


 歴代の監督さんの良さを少しでも思い出しながら引き継がせていただきたいと思います。その方になることは当然、無理なので。「この時はこういうことをおっしゃっていたな」と思い出しながら、今の時代と今の選手達の感性をしっかり見極めながら、選手たちに合った指導を見つけていきたいと思います。


――星野(仙一)監督に言われた言葉の中で、今の選手たちに伝えていきたい部分は。


 星野監督は常々「選手が最優先」ということをおっしゃっていました。「とにかくじっくり見ろ」ということもおっしゃっていました。来年から指揮を執っていく上では、選手の表情を一つも見逃さず、選手の満足度を自分の満足度に変えられるようにしたい。自分の満足度を選手に求めてしまうと差が出てきてしまうので。選手が少しずつ頑張った満足度を一つずつ認めてあげる。そういうことを考えながら見てあげたいと思います。


――選手との関わり方はコーチ時代と変わってくるか。


 あまり意識はしていないですね。僕と距離を取りたい選手には逆に近づいていこうかなと思っています。最初はお互いに探り合いのようになると思います。「与田はどんな男なんだろうか」と。僕も選手たちとじっくり腹を割って話したこともないですし、いろいろな性格がありますので。興味を持ちながら、どちらかというと私は近づいていったほうがいいのかなと思っています。嫌われても近づいていこうかなと思っています。

大阪桐蔭・根尾は「スーパーマン」

森前監督が1位指名を宣言していた大阪桐蔭・根尾。与田新監督も高く評価している
森前監督が1位指名を宣言していた大阪桐蔭・根尾。与田新監督も高く評価している【写真は共同】

――ドラフトで競合した場合はクジを引くのか。


 そうなんですよね?(矢野球団社長に確認)雑談の中で「いきなりそんなプレッシャーをかけないでくださいよ」とお話をしたんですが、それが私の初仕事ということであれば、一生懸命手を洗って、消毒をして、願掛けをして臨みたいなと思っております。


――森繁和前監督が1位指名を公言した大阪桐蔭・根尾昂選手の印象は。


 いい顔をしていますね! もちろん会ったことはないですが、テレビで甲子園で戦う姿を見て、いい顔をしているなと。僕自身、高校生の頃にあんな力はまったくなかったので、スーパーマンのように見えます。いわゆる野球選手として、走攻守がしっかりできている選手だなと思っています。


――仮に入団が決まったらどのように育てたいか。


 二刀流というのは難しいと思いますが、本人が望むことは何かをきちっと把握した上でやっていきたい。二刀流というものが本当にわがチームで実現されれば、皆さんに楽しみにしてもらえると思うので、そこはじっくり見ていきたいなと思います。


――ドラフトではどんな選手を指名したいか。


 いい選手を!(笑)。「すぐに使える選手を」と思っていますが、正直なところはドラゴンズの編成の方々にお任せしています。実際に候補選手をじっくり見ているわけではないので、お願いをすることしかできないのですが、ウチのスタッフを信頼しております。


――ファンサービスについて考えていることは。


 ファンサービスというのは「イベントをやりますよ」「握手会をしますよ」というのがファンサービスではないと思っています。普段の生活の中で、ちょっとしたことから始めていくことがいいと思っています。サービスをするからということで始めるのではなく、無意識でできるようになってほしい。私が就任をして「やれ」と言われることは、基本的にお手伝いをさせていただこうかな、と。歌って踊ること以外はお手伝いをさせていただきたい。現役時代に名古屋に住んでいましたので、たくさんのところで応援をしていただいていることは分かっていますから、ご要望があれば伺いたいと思っています。


――広島1強になりつつあるセ・リーグにおいてどう戦うか。


 競ったゲームをしていかないと盛り上がらないと思っていますし、優勝するチームは1チームしかないので、みんながその位置を目指してやっている。われわれも原因をしっかり追究して、数字だけでなく中身も検証していきながら、独走を許さない形をとっていきたいなと思います。最後まであきらめず、われわれがトップにいくという強い意識を持っていくようにしたいです。


―来季の目標は。


 優勝、それだけを目指して戦っていきます。

ベースボール・タイムズ
ベースボール・タイムズ

プロ野球の“いま”を伝える野球専門誌。年4回発行の『季刊ベースボール・タイムズ』を含め、全国の番記者からプロ野球のホットな話題・情報を届ける。毎年増刊号として発行される選手名鑑も好評!『2019プロ野球プレイヤーズファイル』は2月15日に発売!今年も内容をスケールアップし、全選手を徹底解剖しています!

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント