おすすめドラフト候補【DeNA編】
「大学ジャパンのエース」という正攻法

アプリ限定

 10月25日に行われるプロ野球ドラフト会議。今夏の甲子園を沸かせた高校生だけでなく、大学、社会人にも目玉候補がめじろ押しだ。アマチュア野球を中心に年間約300試合を取材する西尾典文氏が、各12球団に推薦したいドラフト候補を紹介する。

DeNAの大きな武器は中軸の長打力だ
DeNAの大きな武器は中軸の長打力だ【写真は共同】

 昨年はクライマックスシリーズを勝ち抜いて日本シリーズ進出を果たした横浜DeNA。今年も最後までAクラス入りを争っているが、勝率は昨年を下回る結果となった。ここ数年は先発タイプのサウスポーを上位指名してきたが、今年活躍したのはルーキーの東克樹だけ。リリーフ陣も抑えの山崎康晃、セットアッパーのパットンはある程度安定しているものの、決して盤石とは言えない布陣となっている。


 一方の打線は筒香嘉智、宮崎敏郎、ロペス、ソトの4人が揃って25本塁打以上を放ち、中軸の長打力は大きな武器となっている。しかし1、2番を最後まで固定することができず、ホームラン数(リーグ1位)の割に得点(同5位)を伸ばすことができなかった。守備面もFAで大和、シーズン中のトレードで伊藤光を獲得するなど積極的な補強を見せたが、センターラインはまだまだ安定しているとは言いがたい。投手、野手ともに外国人選手への依存度が高いのも課題だ。(成績などの状況は10月3日現在)

チームに不足する本格派右腕

 今年の戦いぶりを見ているとやはり先発投手の補強は必要不可欠だ。

西尾典文
西尾典文

1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント