おすすめドラフト候補【巨人編】
あのスターなら「復権の象徴」に最適

アプリ限定

 10月25日に行われるプロ野球ドラフト会議。今夏の甲子園を沸かせた高校生だけでなく、大学、社会人にも目玉候補がめじろ押しだ。アマチュア野球を中心に年間約300試合を取材する西尾典文氏が、各12球団に推薦したいドラフト候補を紹介する。

岡本の開花はあったものの、巨人は今季を12年ぶりの勝率5割以下で終えることが決まっている
岡本の開花はあったものの、巨人は今季を12年ぶりの勝率5割以下で終えることが決まっている【写真は共同】

 一時は2位につけていた時期もあったが優勝した広島には遠く及ばず、12年ぶりの勝率5割以下でシーズンを終えることが確定した巨人。4年連続で優勝を逃すのは球団ワーストタイ記録だ。チーム打率はリーグ4位と、近年課題の貧打からは抜け出しきれず。実はチーム防御率がリーグ1位なのだが、大事な試合で逃げ切れない場面が数多く、とても数字通りの活躍を見せたとは言いづらい。


 エース菅野智之の活躍のおかげで目に付きづらいが、深刻なのは投手陣だ。菅野以外で1年を通じてローテーションを守った選手は不在。移籍2年目の山口俊はノーヒットノーランを達成したものの貯金を作ることができず、埼玉西武からFAで獲得した野上亮磨も期待を大きく裏切る結果となった。近年リリーフを支えてきた外国人が機能せず、故障から復帰した澤村拓一、メジャーから復帰した上原浩治も安定感を欠く結果となった。今村信貴と育成選手出身のメルセデスが後半戦力になったのが数少ない明るい材料である。


 野手も固定できない捕手、高齢化の進む外野陣など課題は多いが、岡本和真が本格化したことは何よりのプラス要因だ。シーズン途中に故障で離脱したものの2年目の吉川尚輝も成長を見せ、主将の坂本勇人も含めて内野を固定できる目途が立った。村田修一を思い切って自由契約にした効果はあったと言えるだろう。(成績などの状況は10月2日現在)

菅野に次ぐエース候補が必要不可欠

 最大の補強ポイントはやはり投手陣。特に菅野に次ぐエース候補の獲得は必要不可欠だ。

西尾典文
西尾典文

1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント