ジャスタウェイ産駒の「天使」ラミエル
洋芝◎のアドマイヤリーブラが★5つ獲得

競馬専門紙「優馬」の2歳馬チェック

 2歳戦もオープン特別や重賞が徐々に増えてきて、夏デビュー組の波はやや過ぎ去った印象もあるが、今回ピックアップした2頭の勝ちっぷりは確か。好調ジャスタウェイ産駒のラミエルと、ハービンジャー産駒のアドマイヤリーブラがそれぞれ★5つを獲得した。

小倉に舞い降りた天使 ラミエル

写真の半兄シュウジは重賞2勝馬、ラミエルには兄以上の活躍が期待される(撮影:日刊ゲンダイ)
写真の半兄シュウジは重賞2勝馬、ラミエルには兄以上の活躍が期待される(撮影:日刊ゲンダイ)【(C)競馬専門紙「優馬」】

8/26(日) 小倉1R 2歳未勝利 芝1200m

ラミエル 牝 馬体重:438kg(-4)

★★★★★ 5点

騎手:松山 厩舎:(栗) 橋口慎

生産:浜本牧場

馬主:桑畑夏美

父:ジャスタウェイ

母:カストリア(Kingmambo)


 軽く気合をつけられたが、発馬からスムーズにスピードに乗り、2番手からの先行策。直線入口で一旦は逃げ馬に離されたが、手前を替えてから力強く伸びた。終わってみれば2馬身差の完勝で、勝ち時計も今年の小倉2歳戦で最速。今回がデビュー3戦目、一戦毎にレースぶりや内容が良化しており、今後も楽しめそうな素材だ。


馬体診断

 デビュー戦の時と変わらない馬体重での出走だが、レースを使った効果もあり、全体的なシルエットには着実な成長が見える。438キロと小柄ではあるが、ボリュームを感じさせ、短距離向きの良い瞬発力がある。今後の成長余地もあり、距離も1400〜1600mと対応できそうな体型。ただ、中2週〜中2週のローテーションのせいか、歩様に硬さが見られた。現状ではもう少し間隔をあけて使いたいところ。


血統診断

 本馬の半兄にシュウジ(小倉2歳S)、ツルマルレオン(北九州記念)がいて、小倉芝1200mで勝ち上がったのはむしろ必然とも言うべきか。父ジャスタウェイは今年が産駒デビューの年。新馬→ダリア賞を連勝したアウィルアウェイは母父がKingmambo産駒のキングカメハメハで、現状ではミスタープロスペクター系との相性の良さを感じさせる。兄2頭の成績も踏まえると、1400mには対応可能。


馬券の狙い目→1200〜1400mが主戦場になりそう。仕上がり自体は早いタイプだが、成長力も兼備しており、3歳夏以降は古馬との斤量差を生かしての活躍も。

競馬専門紙「優馬」
競馬専門紙「優馬」

競馬専門紙「優馬」のスペシャル競馬サイト。トレセンや競馬場という現場で記者やトラックマン達が仕入れてきた生情報を元に、予想記事やコラム記事を掲載しています。さらに、競馬ファンのニーズに対しダイレクトに応えていくようなコンテンツも展開。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント