sportsnavi

アスリートのビクトリーロード

連載:アスリートのビクトリーロード
瀬戸大也(競泳)が語る金メダルへの道
「苦手を塗りつぶして、武器に」

提供:味の素株式会社

競泳の瀬戸大也が、世界に、自分に勝つための秘訣を語ってくれた
競泳の瀬戸大也が、世界に、自分に勝つための秘訣を語ってくれた【坂本清】

 勝利のために。トップアスリートは試合に勝つため、世界に勝つため、自分に勝つために、日々たゆまぬ努力を続けている。本連載「ビクトリーロード」では、さまざまなアスリートがこれまで歩んできた、そしてこの先に思い描く「勝利への道筋」をひもとく。聞き手は、自身も競泳選手として北京2008オリンピック、ロンドン2012オリンピック、リオデジャネイロ2016オリンピックで4つのメダルを獲得してきた元日本代表選手、現在はコメンテーターなど幅広いジャンルで活躍し、味の素(株)の栄養プログラム「勝ち飯®」アンバサダー松田丈志が務める。


 第1回目は、松田と同じ競泳界から瀬戸大也。初めて日の丸を背負った国際舞台で手にした勝利と、リオデジャネイロ2016オリンピックでの不本意な敗北。決して忘れられない2つの思いが、今の彼を突き動かす原動力だ。


 家庭を築いたことで自身の“身体”に対する意識は大きく変わり、トレーニングへの取り組み方も変化しつつある。大きな目標を達成するために必要なのは、“理想の自分”を知り、それを体現するための身体を手に入れること。東京2020オリンピックを2年後に控えた今、競泳界の有力な金メダル候補に挙げられる瀬戸は順調な歩みを進めている。


「絶対に金メダル」


 そう力強く話す彼の思いに、よき“先輩”である松田が迫る。

あの試合で勝てたから、自信を持つことができた

松田:大也と初めて会ったのは……。


瀬戸:最初のコンタクトは2002年のパンパシフィック水泳選手権です。当時8歳だった僕は、憧れの丈志さんが泊まっていたホテルで“出待ち”をしました。一緒に写真を撮ってもらったんです。


松田:いやあ、さすがに覚えてない。でも8歳で国際大会を見に来て、選手のホテルまで乗り込んでくるんだから根性が座っていますよ(笑)。


瀬戸:丈志さんが僕のことを知ってもらえたのはいつ頃ですか?


松田:福岡で全中(全国中学校水泳競技大会/09年大会)があったでしょ? 雑誌の記録ページに名前があったから存在は知っていたけど、あの大会で大也たちが泳ぐ姿を実際に見て「とんでもない若手が出てきたな」と思った。

13年バルセロナでの世界水泳選手権で金メダルを獲得
13年バルセロナでの世界水泳選手権で金メダルを獲得【写真:ロイター/アフロ】

瀬戸:自分が初めて日本代表に入ったのが13年バルセロナでの世界水泳選手権で、宿泊先で同部屋だったのが丈志さんなんですよね。かなり緊張しました。


松田:初めて一緒に生活してみて、「自分を持っている選手だな」と思ったよ。本番が近づくほど集中力を高めていく様子が伝わってきたし、爆発力があるなと思った。実際、俺は準決勝で負けちゃったのに、大也はいきなり金メダルを持って帰ってきたでしょ。


瀬戸:いやいや(笑)。僕にとっては、あの大会が「忘れがたい勝利」なんです。初めての日本代表で勢いしかなかった自分が、あの試合で勝てたことで自信を持つことができました。レースが終わって深夜1時くらいにホテルの部屋に戻った時、寝ないで待っていてくれた丈志さんが「おめでとう!」と言ってくれたんですよね。あれ、めちゃくちゃ嬉しかったです。

久しぶりに「負ける気がしない」と思えた

瀬戸(右)が初めて日本代表となった時の同部屋が松田(左)だった
瀬戸(右)が初めて日本代表となった時の同部屋が松田(左)だった【坂本清】

松田:あのレース、勝てる予感みたいなものはあった?


瀬戸:大会直前の合宿でタイムが上がってきて、「これなら勝てるかも」という雰囲気はありました。200m個人メドレーの準決勝でベストタイムを出すことができたので、400m個人メドレーの当日も朝起きたときから「イケそうな気がする!」と思っていたんです。


松田:ここぞという場面での集中力と爆発力は、本当にすごいと思う。


瀬戸:いやいや。あの時はただ、とにかく楽しくて「早く泳ぎたい!」という感じでした。僕自身、あの大会を機に「世界で戦う」というはっきりとした意識を持てた気がするし、合宿やレース当日までの過ごし方や身体の作り方、「自分をどういう状態に持っていけば勝てるのか」がなんとなくわかった気がします。身体はどんどん変わってくるから同じやり方はできないけれど、あの時の感覚をベースにしたい、あの頃の新鮮な気持ちを忘れちゃいけないと思っています。


松田:じゃあ、初めての大舞台に対する緊張はほとんどなかったんだね。


瀬戸:代表選考が懸かった日本選手権のほうが、いつも緊張します。ロンドン2012の選考会で苦い経験をしているので。


松田:確かに、大也の場合は選考会よりも“夏に調子を上げる”という流れができているよね。


瀬戸:「あとはやるだけ」という状態になれば、どんな大きな舞台でも楽しめる気がします。やっぱり、そういう状態になると結果が出ますよね。


松田:この間(5月24日)のジャパンオープンもすごかった。特に優勝した400m個人メドレーは「また急に調子を上げてきたな」という感じ。あの時期に4分8秒98というタイムを出せるなら、夏には自己ベスト更新も見えてくるんじゃないかなと。


瀬戸:あの日は24歳の誕生日だったんですが、なぜか、久しぶりに「負ける気がしない」という感覚がありました。今年は、自己ベスト更新と長水路での日本記録更新を目標にしています。それに向けて、すごくいいレースができたと思います。

【味の素(株)】
細江克弥
1979年生まれ、神奈川県藤沢市出身。『ワールドサッカーキング』『Jリーグサッカーキング』『ワールドサッカーグラフィック』編集部を経て2009年に独立。サッカーを中心にスポーツ全般にまつわる執筆、アスリートへのインタビュー、編集&企画構成などを手がける。