sportsnavi

バースデイV狙う戸崎圭サーブルが最有力
枠連7−7も可能性あり?七夕賞の座談会

競馬専門紙「優馬」トラックマン座談会

 今週は福島でサマー2000シリーズの開幕戦となる七夕賞が行われる。波乱含みの傾向である上に、今年のメンバーも一筋縄ではいかなそう。優馬TM(トラックマン)陣はいかなるジャッジを下すのか?

“七夕賞男”が鞍上のサーブルオール 重賞初Vへ

重賞初制覇を目指す良血馬サーブルオール(撮影:日刊ゲンダイ)
重賞初制覇を目指す良血馬サーブルオール(撮影:日刊ゲンダイ)【(C)競馬専門紙「優馬」】

デスク「今年はトップハンデが57キロ止まり。これは近年にはないケースで8年ぶりとなるんだが、それくらい掴みどころのないメンバーと言えるな」


坂倉「しかも、ロートルや昔の実績でハンデを背負わされている馬が多く、少々残念なメンバーですよね。そんな中にあって、5歳でもまだキャリア12戦で上昇の余地も十分にあるサーブルオールの中心は動かしがたいと見ます」


武井サーブルオールは、3歳秋から1年近くもの休養を経て心身ともに成長したと言えますね。特に2走前の準オープン勝ちは、今年行われた中山2000mで金杯に次ぐ2番目の好時計で、内容的にも重賞を勝てるだけの力を示したもの。その2走前と同じ右回りの2000m戦で55キロのハンデなら、勝機十分でしょう」


小島「人気の一角となりながら4着どまりだった前走のエプソムCにしても“少し馬場を気にしていたけど直線で伸びていたし、昇級戦が重賞だったことを思えば上々の走りだった”と、萩原師は満足そうでした。後ろからジワっと行く馬ですが、けっして追い込み一手でもないですから、初の福島コースもそれほど気にしていない様子。全ての面で上積みが見込める上に、前走よりも一枚落ちるメンバーなら、勝ち負けになるはずですよ」


小野智「馬ももちろん、今回は2年連続Vの“七夕賞男”戸崎圭騎手の3連覇に期待したいですね。初騎乗となるので、馬に関してのコメントは貰えませんでしたが、福島コースに合う乗り方を厩舎側と相談したようですし、何より当日の7月8日は彼の誕生日。“バースデイ勝利なら格好いいですね”と、ヤル気満々でしたよ」


伊利「今年のメンバーがやや低レベルである、という点については僕も皆さんと同感ですが、だったら素直に昨年の2着馬マイネルフロストを狙う手でしょう。その昨年は、5ハロン通過58秒0のハイペースを、早目先頭から粘りに粘った負けて強しの内容でしたし、ハンデも同じ57キロなら勝負になります」


デスク「ただ、一つ歳を重ねた7歳馬だからな。その昨年と同じだけ走れればいいんだが」


西田マイネルフロストの前走は、無理せず2番手を取って自分の競馬ができていましたが、不得手な雨馬場で走りづらそうでしたね。ただ、それでも直線では一旦抜け出す格好で見せ場を作りましたし、年齢的な衰えはないと見るべきです。残念ながら今回も馬場は悪くなりそうですが、得意のコースで昨年の再現も十分期待できますよ」


佐藤直「俺はそんなに難しく考える必要はないと思っているんだけど、前走で同じ舞台の福島民報杯を勝ったマイネルサージュだな。福島では3戦全て連対して、しかもオープン勝ちを含む、という実績を持った馬が、このレースでは高い確率で来ているんだ。その前走後に一息入ったけど、馬体のハリは目立っているし、状態の良さとコース適性で何とかなるはずだぞ」


守屋マイネルサージュの前走は約1年5カ月ぶりの勝利となったわけですが、その勝因について鹿戸雄師は“掛かるからといって、逃げたり中途半端に抑えていってもダメ。多少、ハミを噛んで折り合いを欠いても、直線までジッとして末脚勝負をしたほうが結果が出ているんだ。前走は、それが見事にハマってくれた”と振り返ってました。今回、同じ“マイネル勢”のフロスト、ミラノあたりがそれなりのラップを刻み、平均ペース以上で流れれば再度の出番もありそうです。渋った馬場に実績があるのもいいですね」


デスク「実績的には、メンバーで唯一のGII勝ち馬プラチナムバレットが最右翼という見方もできるんだが、これはレース中に跛行して大敗した前走のダメージが心配だな」


「前走後は経過を観察していましたが、陣営は“歩様に異常はなかった。中間の気配は悪くないし、先週、今週の追い切りもしっかりと動いた”と、ダメージがないことをアピールしています。“この距離なら道中でタメをつくることができる。ハンデは背負うが何とか弾みをつけられる内容のあるレースができれば”と、巻き返しへの感触も悪くはなさそうでしたよ」

競馬専門紙「優馬」
競馬専門紙「優馬」
競馬専門紙「優馬」のスペシャル競馬サイト。トレセンや競馬場という現場で記者やトラックマン達が仕入れてきた生情報を元に、予想記事やコラム記事を掲載しています。さらに、競馬ファンのニーズに対しダイレクトに応えていくようなコンテンツも展開。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント