sportsnavi

今年は荒れるか!? 七夕賞をデータ展望
名物ハンデ重賞はヒモ穴狙いが吉

昨年こそ堅めの決着におさまったが……

 今週は日曜に中京競馬場でダート重賞のプロキオンS、福島競馬場で名物のハンデ重賞の七夕賞が行われる。七夕賞は昨年こそ堅めの決着におさまったが、波乱傾向が強い一戦として知られている。今回のデータde出〜たでは、七夕賞をピックアップし、2013年以降の近5年の傾向から馬券で狙える馬を探っていきたい。なお、データ分析にはJRA-VAN DataLab.とTARGET frontier JVを利用した。

七夕賞近5年の上位3着以内馬一覧

表1
表1【画像提供:JRA-VANデータラボ】

 まず表1は七夕賞近5年の上位3着以内馬一覧。5年すべて良馬場で行われ、いずれも1分58秒台と速い時計の決着で決まっている。平均ペースだった15年以外は前半1000m通過57秒9〜58秒9と速い流れとなっているのも近年の特徴だ。前半飛ばしている分、上がりは掛かっているが、後方からの差し・追い込みが決まりやすいこともなく、4コーナーで前にいる馬の健闘が目立っている。


 人気順を見ると、勝ち馬は1番人気馬が2勝するなど上位5番人気以内で決まっているものの、2・3着馬は下位人気の馬が非常に多い。15年には2番人気グランデッツァが勝利したものの、2着に8番人気ステラウインド、3着に16番人気マデイラが激走し、3連単100万6440円の大波乱となっている。1着上位人気馬からのヒモ荒れが非常に目立つレースとなっている。

七夕賞の年齢別成績(近5年)

表2
表2【画像提供:JRA-VANデータラボ】

 続いて表2は年齢別成績。少数ながら4歳馬が一昨年のアルバートドック、昨年のゼーヴィントと近2年続けて勝利している。なお、この2頭はともに上位3番人気以内に支持されていた。出走頭数最多の6歳馬は15年グランデッツァら2勝をあげ、昨年2着のマイネルフロストら毎年1頭は3着以内に入っている。3着以内馬8頭中6頭が5番人気以下の伏兵だった。5歳馬は13年マイネルラクリマの1勝のみ。なお、7歳以上の馬は勝ち星がなく、連対率・複勝率ともに低い。

七夕賞の斤量別成績(近5年)

表3
表3【画像提供:JRA-VANデータラボ】

 表3は斤量別成績。表の黄色で強調したように、斤量57キロの馬が昨年のゼーヴィントら4勝と勝ち切る傾向が強い。連対馬5頭はいずれも上位5番人気以内に推されていた。58キロの馬は勝ち星こそないものの、連対率33.3%・複勝率50.0%と高い。ちなみに57.5キロの馬も一昨年マイネルラクリマが14番人気4着と上位に入っており、重い斤量を背負った馬の好走が目立つ。JRAのハンデキャッパーによって57キロ以上と決められた馬は主力級と考えた方が良いだろう。


 その他では56キロの馬が14年メイショウナルトの1勝。勝ち馬はすべて56キロ以上の馬だった。また、2・3着には52キロ以上の馬が入っており、51キロ以下の軽量馬は苦戦傾向にある。

JRA-VANデータラボ

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント