IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大迫「もう一度リセットしてやるだけ」
W杯ロシア大会、セネガル戦前日コメント
「もう一度リセットしてやるだけ」と語る大迫。セネガル戦も勝利を目指す
「もう一度リセットしてやるだけ」と語る大迫。セネガル戦も勝利を目指す【写真:長田洋平/アフロスポーツ】

 サッカー日本代表は現地時間24日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会のグループリーグ第2戦・セネガル戦に臨む。試合を翌日に控えた23日、チームは会場となるエカテリンブルク・アリーナで公式練習を行い、選手たちが報道陣の取材に応じた。


 コロンビア戦で決勝ゴールを挙げて勝利に貢献した大迫勇也は「そんなに有利だとは思っていない。もう一度リセットしてやるだけ」とあらためて気を引き締めた。

大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)

「覚悟を持って踏ん張るだけ」


(初戦に勝ったが)そんなに有利だとは思っていない。もう一度リセットしてやるだけじゃないですか。(引き分けは考えない?)試合をするからには、しっかり勝ち点3を取りたいし、W杯はそんなに甘くない。自分たちが思っているようにはいかないと思います。うまくいかないときに、どれだけ我慢して耐えて、勝ち、引き分けに持っていけるか。その覚悟を持って踏ん張るだけだと思います。


(セネガルの特徴で考えることは?)コロンビアもいいチームだったし、セネガルもいい選手が多い。映像をしっかり見て頭に入っているので、臨むだけです。

柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)

柴崎は攻守のポイントを明確にイメージしている
柴崎は攻守のポイントを明確にイメージしている【写真:長田洋平/アフロスポーツ】

「かき回して、いいチャンスを作りたい」


 守備面では(セネガルには)スピードのある選手がいるので、しっかりといいポジショニングから守備に臨みたいです。チームとしてはよりコンパクトに、スペースを与えず、なるべく相手の特徴であるスピードやフィジカルをゴール前で生かさせないことが大事だと思います。


 攻撃に関しては(相手が)組織だっているとはいえ、日本の流動的なポジションチェンジしながらのボール回しであったり、動き回っている選手をつかむプレーとかは、(対応できるか)ちょっと疑問なところがあるので、そういったところでかき回していきたい。いいチャンスを作りたいですね。


(セカンドボールのせめぎ合いについて)プレッシャーが掛かるところでは、そんなに無理にボールをつないでこないと思います。前(の選手)は大きいですから、ボランチの僕らと、サイドハーフの中の絞りが重要になる。そこは相手も狙ってくるところなので、意識と読み、ボールに食らいつくところで差をつけたいと思います。

遠藤航(浦和レッズ)

身体能力の高いセネガルに対して、遠藤が挙げたポイントは「我慢して対応していくこと」
身体能力の高いセネガルに対して、遠藤が挙げたポイントは「我慢して対応していくこと」【写真:長田洋平/アフロスポーツ】

「大事なのは我慢して対応していくこと」


 足を出さず、飛び込まずにしっかり(相手の攻撃を)遅らせることが大事なのかなと思います。中に持っていかれないようにしながら、大事なのは我慢して対応していくことかなと。


(チーム内でのコミュニケーションの質について)なかなか勝てない中で、監督もどちらかというと選手の意志や判断を尊重する人なので、選手で話し込みました。ただし、選手だけでは決められないので、最終的には監督にもしっかり要求してもらって(決めていった)、という感じですね。

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント