IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ワグネリアン&アーモンド世代を総まとめ
2歳馬&3歳馬チェック17-18最終回

競馬専門紙「優馬」の3歳馬チェック

 全く荒れなかった牝馬路線と、波乱が続いた牡馬路線。対照的だった春のクラシックを2歳馬・3歳馬チェックチームが振り返ります。秋以降の注目馬も、★上位を中心にピックアップ!

牝馬路線はアーモンドアイ時代が到来

他馬を寄せ付けない走りで二冠を制したアーモンドアイ(橙帽)(撮影:日刊ゲンダイ)
他馬を寄せ付けない走りで二冠を制したアーモンドアイ(橙帽)(撮影:日刊ゲンダイ)【(C)競馬専門紙「優馬」】

桜花賞

1着 アーモンドアイ

2着 ラッキーライラック

3着 リリーノーブル


オークス

1着 アーモンドアイ

2着 リリーノーブル

3着 ラッキーライラック


 今年の牝馬クラシックは終わってみればアーモンドアイの強さがとにかく際立つ結果に。桜花賞・オークスの二冠だけでも十分すぎるほどだが、その中身も素晴らしかった。オークスで前に行けることも証明し、既存勢力との勝負付けは完全に終わってしまった印象がある。


 春は無冠に終わった2歳女王ラッキーライラックは、桜花賞まで対戦成績3戦3勝だったリリーノーブルにオークスで逆転を許した。近親にミッキーアイル、アエロリットがいる血統を考えると、マイラー色が強くなってきたとも思える。


 そのリリーノーブルは高い中距離適性が生きた。ただ、もう一歩勝ち切れないタイプだけに、ヴィルシーナや同じくクロフネの血が入っているホエールキャプチャといった馬と重なる部分もある。ビッグタイトルは中距離ではなくマイルで、という可能性もあるか。


 高い評価を受けながらも結果を残せなかった牝馬といえば、札幌2歳Sを勝ち、阪神JFでも1番人気に推されていたロックディスタウンだろう。気性的に難しい所もあって、NHKマイルCのパドックでは驚いて転倒するシーンも。今後はノドの手術が行われるとのことで、復活に期待したい。


 オークスで3番人気に推されたサトノワルキューレ。結果は6着で、その敗因を何処に求めるかが今後の鍵になる。強敵との対戦が初めてであったこと、ローテーションが今までよりも過密だったことなどが挙げられるだろうか。フローラSのパフォーマンスや、ゆきやなぎ賞で負かしたエタリオウがダービーであわやの4着だったことなどから、やはり力はある。


 今シーズンの2歳馬・3歳馬チェックで高評価のレッドベルローズ(★8つ)レッドラフェスタ(★8つ)レッドイリーゼ(★7つ)はいずれも関東馬。さながら「東のレッド3姉妹」といったところか。残念ながらクラシック戦線では出番がなかったが、ポテンシャルは高く今後に注目したい。

競馬専門紙「優馬」
競馬専門紙「優馬」

競馬専門紙「優馬」のスペシャル競馬サイト。トレセンや競馬場という現場で記者やトラックマン達が仕入れてきた生情報を元に、予想記事やコラム記事を掲載しています。さらに、競馬ファンのニーズに対しダイレクトに応えていくようなコンテンツも展開。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント