sportsnavi

アーモンド&ラッキーは、マイラー色強い
3歳馬チェック班のオークス◎は意外な馬

競馬専門紙「優馬」の3歳馬チェック

 2歳女王ラッキーライラックと、これを桜花賞で下したアーモンドアイの2強と言える牝馬クラシック路線だが、東京2400mに舞台を移すオークスではどちらに軍配があがるか、それとも伏兵の出番か。3歳馬チェックチームが一刀両断!

3歳馬チェック的 オークス予想

3歳馬チェックチームは伏兵のマウレア(桃帽)から勝負(撮影:日刊ゲンダイ)
3歳馬チェックチームは伏兵のマウレア(桃帽)から勝負(撮影:日刊ゲンダイ)【(C)競馬専門紙「優馬」】

◎マウレア

○サトノワルキューレ

▲アーモンドアイ

△ラッキーライラック

△トーセンブレス

△カンタービレ


 やはり意識せざるを得ないのは、オークスの2400mという距離。血統面やこれまでのレース内容を総合的に判断した結果、◎はマウレアとした。父ディープインパクト、母父Storm Catという組み合わせではキズナがダービーを勝っている。全姉アユサンはオークス4着だったが、その姉よりも適性は中距離志向であり、東京コース・距離延長で巻き返せるとジャッジ。


 ○はサトノワルキューレ。既に2400mで牡馬相手に勝利している、というアドバンテージは大きい。2走前に負かしたエタリオウが青葉賞で2着とレベルも確かで、フローラSで見せた末脚も素晴らしかった。ただ、長距離輸送と馬体維持、スタートや勝負所での反応など、課題もあるため2番手評価に。


 ▲アーモンドアイ、△ラッキーライラックはマイラー色が強いという評価で、2400mという距離がどう出るか。それでも同世代の牝馬同士なら距離適性<能力という結果も珍しくないことや、ともに瞬発力の生きる東京コースは歓迎でマークは外せない。


 △トーセンブレスは圧巻のパフォーマンスだった新馬戦で負かしたプリモシーンが先のNHKマイルCで0.2秒差の5着。距離延長は微妙だが、阪神JF・桜花賞ともに4着に入っており、押さえてはおきたい。△カンタービレは輸送&馬体維持、乗り替りと懸念材料は多いが、距離延長がプラスと言える存在。前走でトーセンブレスを負かしており、こちらも要注意。

競馬専門紙「優馬」
競馬専門紙「優馬」
競馬専門紙「優馬」のスペシャル競馬サイト。トレセンや競馬場という現場で記者やトラックマン達が仕入れてきた生情報を元に、予想記事やコラム記事を掲載しています。さらに、競馬ファンのニーズに対しダイレクトに応えていくようなコンテンツも展開。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント