sportsnavi

米女子ツアーでの優勝を目指す畑岡奈紗
「悪い癖を徐々につかめてきている」
  • WOWOW
米女子ツアー第5戦「バンク・オブ・ホープ・ファウンダーズ・カップ」に出場予定の畑岡奈紗にインタビュー
米女子ツアー第5戦「バンク・オブ・ホープ・ファウンダーズ・カップ」に出場予定の畑岡奈紗にインタビュー【Getty Images】

 世界最高峰の選手たちが集結するLPGA女子ゴルフツアーに挑む19歳の畑岡奈紗(森ビル)。2年目の挑戦について今の気持ちを聞いた。


 畑岡が出場予定の第5戦「バンク・オブ・ホープ・ファウンダーズ・カップ」は、LPGAの創設者たちをたたえ、2011年からスタートした大会。獲得賞金は賞金ランキングなどに反映されるが、チャリティー大会のためLPGAのジュニア育成基金と各選手指定の慈善団体に半額ずつ寄付される。会場は米国・ソノラ砂漠の中に位置しており、山々とサボテンに囲まれた美しい景観の中で選手たちはプレーする。

調子が良くても不安が残ったオーストラリア大会

――オフはどのように過ごしましたか?


 オフはかなり短くて、長い時間をかけて調整はできませんでした。ですが、バハマ大会(1月の「ピュアシルク・バハマLPGAクラシック」)のときは事前にフロリダで1週間の調整ができたので、そこは良かったと思います。バハマは風が強い印象だったので、低い弾道の球を打つ対策や、パットの練習を重点的にしました。


――結果(2日間トータル7オーバー79位タイで予選落ち)はどのように受け取りましたか?


 想像以上の風が吹いていたので、やってきた練習ではまだダメでした。


――2月最初のオーストラリア大会(「ISPSハンダ・オーストラリア女子オープン」)では2日目まで単独5位につけました。


 調子自体はバハマのときよりは良かったのですが、オーストラリアも良い状態を保つことはできませんでした(4日間トータル4アンダー16位タイで終了)。調子は決して良くはないのに5位という状態が、逆に自分の中で心配になったりもしました。


――どういう点で調子が良くなかった?


 次の日に向けて不安に思うところがありました。1日試合が終わったあとに「次はどのようにやればいいんだろう」と考えながら練習することが難しかったです。

一緒に米ツアーを戦う野村は「お姉さんのような存在」

――オーストラリア大会でミンジ・リー選手(オーストラリア)と同じラウンドで「勉強になった」とコメントをされていましたが、どのようなところで思いましたか?


 2014年に日本で開催された世界アマチュア選手権で初めてお会いしましたが、そのときもスイングがとてもきれいでした。リー選手は“ショットメーカー”と呼ばれていますが私もタイプとしてはその類に入るので、どんどんショットで攻めていくという意味で勉強になりました。


――ほかに参考にしているLPGAの選手はいますか?


 チョン・インジ選手(韓国)はいつも姿勢がきれいな選手だと思いました。調子が悪くなると下を向いて小さく見えてしまうことがあるので、身体は小さいですが姿勢で大きく見せられるように自分も見習いたいと思います。


――野村敏京選手とも交流があると聞きました。


 はい、いつも私を心配してくれるところがあり、お姉さんのような存在です。

国内女子開幕戦で3位タイ「楽しくプレーできた」

――オーストラリアの後は日本女子ツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」で3位タイの好成績でした。


 日本での開幕戦ではありましたが、米国では先に開幕していたので、それほど緊張はしませんでした。楽しくプレーができたと思います。


――樋口久子さんとプロアマで一緒に回って「手打ちになっている」とアドバイスを受けたと聞きましたが?


 なんとなく自分でも思ってはいました。ただちょっとした一言で変わることは多くあるので、すごくありがたかったです。


――現在コーチはついていますか?


 定期的に見てくれるコーチはいませんが、ナショナルチームのときにお世話になったガース・ジョーンズさんとか、中嶋常幸プロにもダイキンの前週にトミーアカデミーの合宿でお会いして見てもらったりしました。


――ダイキンを終えて、現在の調子はいかがですか?


 スコアを見ると良いですが、まだ自分の中でショットがもっとできる部分があります。そこを修正して、次のバンク・オブ・ホープ・ファウンダーズ・カップに臨みたいです。

次戦のコースは「自分に向いている」

――バンク・オブ・ホープ・ファウンダーズ・カップでの意気込みを聞かせてください。


 カットラインがすごく高いので、より攻めていかないといけないと思います。ただコース自体は自分に向いていると思うので、それをプラスに考えていきたいと思います。


――これからしばらく北米の大会が続きますが、楽しみですか?


 楽しみですね。特に西海岸は日本食も多いし好きなので、いろいろ楽しく過ごせていけたらと思います。


――米国の東側と西側では違う部分は多いですか?


 東は芝が難しく、また日本食も少ないので西の方が好きです。ただ大会数は東の方が多いので慣れていかなければいけないと思います。


――昨年のこの時期の畑岡選手と今の畑岡選手を比べて大きく違うところはありますか?


 この1年、米女子ツアーを経験した分、自分の悪い癖を徐々につかめてきているので、どういうふうに直したら良いかというのは考えられるようになってきています。


――予選落ちがあったり、良い成績を残せたりいろいろ経験をへて、もう一度LPGAへの参戦を決めたのは何故ですか?


 昨シーズンは日本で2勝できましたが、目標としている米女子ツアーでの優勝とは程遠い結果になってしまいました。「米国で結果を残したい」という気持ちからです。


――今の目標を聞かせてください。


 プロ転向を表明したときに「2年以内に米国ツアーで優勝したい」と言ったので、今年はまず優勝できるように頑張りたいです。

◆◆◆WOWOW番組情報(PR)◆◆◆


■世界最高峰LPGA女子ゴルフツアー第5戦

「<アリゾナ>バンク・オブ・ホープ・ファウンダーズ・カップ」

3/16(金)〜3/19(月)連日生中継

第1日・3/16(金)午前8:00〜[WOWOWプライム] ※無料放送

第2日・3/17(土)午前8:00〜[WOWOWプライム]

第3日・3/18(日)午前7:00〜[WOWOWプライム]

最終日・3/19(月)午前7:00〜[WOWOWプライム]


■詳しくは、番組オフィシャルサイト(wowow.bs/lpga)をチェック!

http://www.wowow.co.jp/sports/lpga/


■番組オフィシャルツイッターアカウント(@wowowgolf)でも随時情報更新中!

WOWOW

スポナビDo

イベント・大会一覧