IDでもっと便利に新規取得

ログイン

キタサンブラックに「ありがとう」を――
武豊も感慨「騎手冥利。感謝しかない」

有馬記念1レースにかけた思い

武豊はこの日、有馬記念のみに騎乗を絞り、その1レースに思いをかけていたという
武豊はこの日、有馬記念のみに騎乗を絞り、その1レースに思いをかけていたという【写真:中原義史】

「4コーナーを回る感じが去年よりも良かったので、後ろを待つことなくスパートをかけました。去年よりも馬が強くなっていましたからね」


 一昨年、昨年のような差し馬の強襲に泣いた姿はもう見せない。最後に見せる姿はまさに独壇場。後続に影を踏ませることもなく、完勝で現役ラストレースにピリオドを打った。改めて、武豊がキタサンブラックと走った最後の2500メートル振り返った。


「これまで自分がキタサンブラックに乗ってきて、今回はその集大成という気持ちもあった。去年の2着で“結果の大きさ”というものを味わっていますから。なので、今回は本当に丁寧に乗りましたね。1メートルずつクリアして、最後の2500メートルで『ああ、良かった』と」


 朝から中山のレースを見ていたファンならすでに気がついていたと思うが、実はこの日、武豊は有馬記念の1レースしか騎乗していない。「他のオーナーの方たちにも理解してもらい、この1レースだけにしていただきました」と、そうした背景からも武豊がこの1鞍にかけていた気持ちの大きさが分かる。そしてキタサンブラックと自らが歩んだ2年間の集大成は、これ以上ない形で、最高のハッピーエンドになった。


「『ありがとう』しかないですね。色んな勉強をさせてもらいましたし、騎手としても成長できたと思います。感謝しかないです」

サブちゃん新曲披露、最後は『まつり』の大合唱

 武豊同様に、「ありがとう」の言葉を何度も送ったのがオーナーで国民的演歌歌手の北島三郎さんだ。最終レース後に開かれたお別れセレモニーでサブちゃんは、現役最後の雄姿を見せてくれたキタサンブラックに、主戦だった北村宏司と武豊に、そして日が落ちたイブの夜にも関わらず残ってくれた約5万人のファンに向けて、「ありがとう」と「感謝」を繰り返した。


「これ以上の幸せはありません。今日も3コーナーあたりから涙がポロポロと出てしまいましたし、これ以上しゃべっているともう泣きそうです。81歳になって、一生のうちにこんなに感動する日が来るなんて」

お別れセレモニーでは北島オーナーが『まつり』を熱唱!
お別れセレモニーでは北島オーナーが『まつり』を熱唱!【写真:中原義史】

 そんな「ありがとう」の気持ちを込めて、北島オーナーは『ありがとう キタサンブラック』と題した新曲を作成。こちらは音源でのお披露目となったが、もちろんこれだけで終わるはずはなく、ファン待望の『まつり』を堂々と歌い上げたのだった。


「ブラックには『ありがとう』、それしかありません。別れはつらいですが、終わりと同時に始まりがあります。キタサンブラックもそうして新しい道に進ませてあげたい。ブラックの子どもたちがターフを走ってくれる日が来たら、また北村君、武さんに乗ってもらいたいですね(笑)」

2世への期待、武豊「騎手を辞められない」

 公開で2世たちの騎乗依頼を受けた武豊も、キタサンブラック産駒には大きな期待を寄せているという。


「北村君とも話していたんですが、種牡馬としても成功すると思いますよ。楽しみですし、これでまた騎手を辞められなくなりますね(笑)」

2世の活躍も期待されるキタサンブラック、今は「ありがとう」の言葉を送ろう
2世の活躍も期待されるキタサンブラック、今は「ありがとう」の言葉を送ろう【写真:中原義史】

 血統の話で言えば、キタサンブラックの父ブラックタイドはかつて武豊が主戦を務め、クラシック戦線での活躍を期待されていたが故障のために大成できなかった。1つ下の弟にディープインパクトが出たことでさらに影が薄くなってしまったのだが、キタサンブラックが産まれたことで、武豊はブラックタイドといっしょにかなえられなかったビッグレースの勝利をその仔とともに果たすことができた。


「ブラックタイドは自分が乗っていた馬ですし、ディープの兄ですからね。キタサンブラックにはそうした血のドラマも感じますし、色々なことがつながっているなと感じますね」


 そして、武豊はキタサンブラックとの日々を「騎手冥利に尽きる」と語り、「こんな名馬にめぐり合えて幸せですね」と笑顔を見せた。競馬ファンも思いは同じだろうし、実際に僕がそうだ。これほどの名馬のレースを見ることができて幸せだ、と。北島オーナーが涙をこらえて語ったように、もう来年からその美しい走りを見ることができないのは寂しいかぎりだが“終わりは始まり”。新たなキタサンブラック伝説がここから始まる。だから、第2の道へと旅立つ七冠馬に向けて、僕らは感謝の思いを込めて送り出そう――「ありがとう!」。


(取材・文:森永淳洋/スポーツナビ)

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント