IDでもっと便利に新規取得

ログイン

勢いを加速させた新日本の2017年
1.4東京ドームへ年内最後の前哨戦

内藤が最後の前哨戦でオカダをKO

内藤はデスティーノでオカダをKO状態に。ドームでのIWGP再戴冠へ、最後の前哨戦を飾った
内藤はデスティーノでオカダをKO状態に。ドームでのIWGP再戴冠へ、最後の前哨戦を飾った【写真:SHUEHI YOKOTA/宮木和佳子】

 この日のメインイベントでは、来年1.4東京ドームでのIWGPヘビー級王座戦の最後の前哨戦として、オカダ・カズチカと内藤哲也が6人タッグで激突した。


 前日の前哨戦ではオカダ組が勝利すると、試合後の乱闘劇でも、オカダが内藤のデスティーノをツームストンパイルドライバーに切り返し、レインメーカーで粉砕。内藤を踏みつけたままレインメーカーポーズを決め、「主役だろうと、MVPだろうと、そんなもんくれてやる。IWGPヘビー級チャンピオンはこのオレだ! そして、東京ドーム、メインイベントも、オレの舞台だ。おまえは、手ぶらで帰れ、この野郎!」と、王座防衛を高らかに宣言していた。


 この日もオカダは怒りをあらわに序盤から場外で内藤にキック。10分過ぎにもコブラクラッチで締め上げると、ジャンピングエルボードロップからレインメーカーを狙うが、内藤もデスティーノで切り返そうとする。オカダに投げっぱなしジャーマンを決めた内藤は、場外に転落したオカダに見せ付けるように目を見開くと、YOHをグロリアからのデスティーノで完勝。最後の前哨戦を白星で飾った。さらに内藤は、オカダをリングに呼び込み、右手を差し出すと、戸惑うオカダを急襲。オカダがコブラクラッチで反撃するも、内藤は急所蹴りからのデスティーノで完全KOし、前日の借りを返した。


 さらに内藤は、11日の福岡大会同様、観客に「どちらがチャンピオンにふさわしいか」を問いかけ、圧倒的な「内藤」コールを確認。「先週の福岡でも、今日の後楽園でも、お客様が選んだのは内藤。オカダ、みじめだな。オレが東京ドームで楽にしてやるぜ」とニヤリと笑うと、「2018年1月4日、東京ドームまで、トランキーロ!」と叫びながらマットに寝そべり、倒れたままのオカダの耳元にささやくように「あっせんなよ」とダメ押し。これまでさんざん、この決め台詞を阻止し続けてきたオカダに、最大級の屈辱を味わわせた。


 内藤はバックステージでも、「本物のレインメーカーなら、ベルトがなくても輝けるはず。彼が本物か偽物か。まずは東京ドームを楽しみに待っていてください。レインメーカーの真の姿があらわになるその日まで、トランキーロ、あっせんなよ」と、自身の王座戴冠を確信。今年の「プロレス総選挙」で1位を獲得した“支持率ナンバーワン男”が、民意を力に変え、1年半以上続いたオカダ政権を交代させる時が、ついにやって来るのか。

欠場中の棚橋がドーム強行出場宣言も……

欠場中の棚橋がドーム出場宣言も、ホワイトに返り討ちにされてしまう
欠場中の棚橋がドーム出場宣言も、ホワイトに返り討ちにされてしまう【写真:SHUEHI YOKOTA/宮木和佳子】

 右ヒザ負傷で欠場中のIWGPインターコンチネンタル王者・棚橋弘至が、大変身した姿でリングに登場。1.4東京ドーム大会への出場を宣言するも、直後に挑戦者のジェイ・ホワイトに襲われ、防衛戦に暗雲が漂った。


 右ヒザ負傷で12.7山口大会から欠場中の棚橋のテーマ曲が鳴ると、場内は興奮でどよめくが、現れたのは、爆発したかのようなモジャモジャパーマに、松崎しげる並のこんがり色黒の、別人のような風貌となった棚橋。ざわつく観客に棚橋は「本日も欠場申し訳ありません。毎日治療して、おかげでヒザもだいぶよくなりました。1.4東京ドームは必ず万全な状態で……出ます!」と強行出場を宣言。「肝心の挑戦者ジェイ・ホワイトは、どこで何をやっているか分かりませんが、オレはピンチの時にこそ、笑って乗り越えてきたので大丈夫です」と中締めをしようとしたところ、突如、ホワイトが乱入。互いにジャケットを脱いでエルボー合戦を繰り広げると、ホワイトは棚橋の弱点である右ヒザに容赦なくドラゴンスクリュー。さらに首斬りポーズから必殺技のブレードランナーを繰り出すと、棚橋は大の字になったまま動けず。せっかく取り戻したIC王座を、過去6度メインを務めた思い出の舞台・東京ドームで手放す可能性が高まった。

みのるvs.後藤のNEVER王座戦決定

ドームでのみのるvs.後藤戦が決定。ベルトとともに、髪の毛をかけた戦いになる
ドームでのみのるvs.後藤戦が決定。ベルトとともに、髪の毛をかけた戦いになる【写真:SHUEHI YOKOTA/宮木和佳子】

 鈴木みのるが後藤洋央紀のNEVER無差別級王座挑戦をついに受諾。1.4東京ドームで、ノーセコンドの敗者髪切りマッチとして行われることが決定した。


 後藤は4.27広島でみのるにNEVER王座を奪われ、リマッチとなった6.11大阪城ホールでのランバージャックデスマッチでも敗北。それでも執拗に王座再挑戦を迫り続けた後藤は、12.11福岡で「この髪を賭けてやってやる」と、大勝負に出た。これを聞いたみのるは、前日の後楽園大会でバリカンを手に入場。早くも後藤の髪の毛を剃り上げようとするが、不発に終わると、腹いせとばかりにセコンドのヤングライオン・八木哲大を丸刈りにする暴挙に出ていた。


 この日もみのるは花道からバリカン片手に後藤を襲撃。その後も鈴木軍のセコンドを利用し、後藤を痛ぶりまくるが、スリーパーからのゴッチ式パイルドライバーは後藤にこらえられ、不発。逆に後藤が牛殺し、裏GTRから腕ひしぎ逆十字固めで締め上げると、大将のピンチを察したセコンド陣が乱入し、みのるを救出。その際、タイチがイスで後藤を殴打したため、反則裁定が下された。


 この結末に、なぜか不満顔のみのるは、セコンド陣を退出させると、「1.4東京ドーム、NEVER無差別級選手権、ノーセコンド、1対1で、敗者髪切りデスマッチ、決定だ!」と、一方的に通達。「東京ドームでテメエの腕、足、首、すべてへし折ってやる。そしてテメエのすべてを奪ってやる。おまえはすべて失うんだ。勝った方がこのベルト、そしてこのバリカンを手に入れる。やるのか、やらないのか、どういう意味か自分でよく考えろ」と後藤の目の前にベルトを突きつけると、後藤も「すべてを賭けて、オレが勝つ!」とその場で受諾した。


 みのるといえば、その独特のヘアスタイルも自己主張のひとつとして、注目されている選手。福岡でも「オレはこのベルトを賭ける。でも、おまえはなぜ何も賭けない」と後藤を挑発してみせたように、本来、王者のみのるまで髪の毛を賭ける必要はどこにも無いにもかかわらず、あえて「敗者髪切りマッチ」を自分から提案してみせたのは、それほどの自信の表れであるともいえる。ノーセコンド、1対1という、言い訳のきかない状況の中、ついに後藤がベルトを取り返し、みのるが屈辱の丸坊主となる衝撃の瞬間が訪れるのか。それとも、後藤が文字通りにすべてを失い、新春からドン底にたたき落とされてしまうのか。

飯伏はドームに向け“巨人狩り”

飯伏(右)はドームに向け“巨人狩り”成功
飯伏(右)はドームに向け“巨人狩り”成功【写真:SHUEHI YOKOTA/宮木和佳子】

 1.4東京ドームでのCody戦が、ノンタイトル戦のスペシャルシングルマッチとなることが正式決定した飯伏幸太が、“仮想Cody”をカミゴェで粉砕した。


 当初、両者の一騎打ちはROH世界選手権として行なわれる予定だったが、王者Codyが15日に米国で行われたタイトルマッチでダルトン・キャッスルに敗れ、王座から陥落したため、ベルトは賭けられないことになった。


 この日、トンガ3兄弟と6人タッグで対戦した飯伏は、場外のタマ・トンガにバミューダトライアングルを繰り出すと、185センチのCodyよりも背が高い、203センチのレオ・トンガに蹴りを打ち込み、足元から崩れたところへ顔面蹴り。さらにカミゴェで完勝し、ドーム決戦前に“巨人狩り”のデモンストレーションをしてみせた。

高木裕美

静岡県沼津市出身。埼玉大学教養学部卒業後、新聞社に勤務し、プロレス&格闘技を担当。退社後、フリーライターとなる。スポーツナビではメジャーからインディー、デスマッチからお笑いまで幅広くプロレス団体を取材し、 年間で約100大会を観戦している 。最も深く影響を受けたのは、 1990年代の全日本プロレスの四天王プロレス。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント