sportsnavi

日本ハムの正捕手候補一番手・清水優心
高校時代に悔しさを跳ねのけた期待の若手

提供:スポナビライブ

プロ入り3年目の今季、初本塁打をマークした日本ハムの清水
プロ入り3年目の今季、初本塁打をマークした日本ハムの清水【写真は共同】

 ペナントレースではセ・リーグは広島が2年連続、パ・リーグは2年ぶりに福岡ソフトバンクが優勝。続くクライマックスシリーズ(CS)ではレギュラーシーズンでセ・リーグ3位の横浜DeNAが日本シリーズ出場を果たすなど、さまざまなことがあった2017年のNPB。10月26日にドラフト会議も終了し来季の陣容も整いつつある今、若手選手は来季の1軍活躍を誓って、一日一日を大事に過ごしている。


 そこで18年に1軍で活躍が期待されるホープをピックアップ。最終回に紹介する選手は、北海道日本ハムで3年目を終えた清水優心捕手だ。九州国際大付高時代は1年時から正捕手としての座をつかみ、14年のドラフトで日本ハムから2位指名を受けプロ入り。今季は自己最多の61試合出場を果たした彼の「次世代正捕手」への軌跡を追ってみよう。

憧れの指揮官と先輩を追い進路を決定

 山口県の大島郡周防大島町出身の清水優心。城山小2年時から東和スポーツ少年団でソフトボールを始め、東和中では硬式野球の岩国ボーイズで主に捕手としてプレー。そんな清水少年は中学3年生となった11年の春、その後の野球人生を大きく左右する出来事を目撃する。その出来事とは、九州国際大付高のセンバツ準優勝だ。この時、清水の高校進学への舵は西に大きく切られた。


 清水が九州国際大付高進学する決め手となったのは二つ。一つ目はダルビッシュ有(ドジャース)をはじめ、数々の選手を育てた若生正廣監督の存在である。


「福岡なら(山口県から)近いし、若生監督という偉大な方が指導されているのも知りました。九州国際大付高に行けば、夢の甲子園にも近くなると思っていました」(清水)


 二つ目は、当時、清水が目標としていた選手は、センバツ準優勝時の正捕手で主将だった高城俊人(横浜DeNA)だったことだ。


「将来的に高城さんを追い越したい」


 かくして清水は九州国際大付高の門をたたいた。

苦杯からの努力はその先の輝きへ

 高校での滑り出しは順調だった。1年夏には「7番・捕手」で福岡大会デビュー。初戦の京都高戦で4打数1安打、続く東筑紫学園高戦でも4打数2安打とすると、5回戦の豊国学園高戦では6番となり3打数1安打2打点。チームは準々決勝の九産大九産高戦に敗れたものの、この試合でも5打数2安打。計16打数6安打と、結果を残した。


 しかし、清水は自らの結果を二の次に置いた。常に胸に去来していたのは「先輩のために甲子園に行きたい」という思いであった。最上級生時のインタビューで彼は、こう語っている。


「先輩からは『俺らは最後の夏になる。一緒に頑張っていこう』と言われてプレッシャーは感じました。同時に熱い思いも伝わってきました。3年のために一緒に甲子園に行こう! という気持ちでやっていました。同時に迷惑をかけてプレーしてはいけないというのはありました。今、自分が一番上の学年になって先輩が話してきたことが身に染みます。先輩には感謝の気持ちでいっぱいです」


 ところが、九州国際大付高は清水が入学後3季連続で甲子園を逃す。特に4番にも起用された2年夏の福岡大会では初戦で古賀竟成館高に敗退。打撃でも4打数0安打に終わった清水は「そんな方々と甲子園に行けなかったのは、とても悔しかったです」と語っている。先輩の思いをもっとも感じ取っていた本人にとっても、痛恨の敗戦だった。


 悔しさが全身を支配する13年の夏。主将に就任し、名実ともに中心選手となった清水と選手たちはもう一度自分を見つめなおし、40日間の合宿に挑む。腹筋、背筋を300回ずつに加え、ランニングに入って50メートルダッシュ6本。その後に体の切れを磨くラダートレーニングまでがアップ。ノックから逆方向も含めたロングティーにシート打撃。グラウンド整備後もダウンで腹筋、背筋を700回ずつ。これが40日間続いた。


 実は「腹筋、背筋一日1000回」を提案したのは主将の清水だ。


「若生監督が東北高におられたときに腹筋、背筋を一日1000回していたことを聞いて、やらなければならないと思って実行に移しました」


 そして誰よりも声を出し、コミュケーションを取りながら、模範になることを意識した。


 その上で技術面でも工夫を重ね、チームをけん引する。打撃フォームでは足元を意識し、スタンスを広げた結果、これまで数々の選手を育ててきた若生監督からも「清水の打球はすごくなった」と言われるように。捕手としては自分の考えを伝えつつ、投手にうるさく思われながらも、思ったことを指摘。その裏では優しく寄り添うことを意識し、話し合いも行ってきた。はたして、その努力は最終学年での輝きにつながっていく。

高校野球ドットコム
高校野球ドットコム
球児を笑顔に! 頑張る球児を応援する高校野球報道サイト。 全国各地の試合レポート、大会日程結果、選手名鑑に加え、野球部訪問や選手インタビュー、トレーニング・栄養学などのコンディショニングコラムなど、球児たちの上達をサポートする記事を連日配信。パソコンやスマートフォンからチェックできる。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント