sportsnavi

広島・田中が定めた1番打者の方向性
「出塁率と得点を追い求めていく」
不動のトップバッターとしてチームのリーグ連覇に貢献した広島・田中広輔
不動のトップバッターとしてチームのリーグ連覇に貢献した広島・田中広輔【写真:BBM】

 リーグ連覇を果たしたチームで、2年連続フルイニング出場を達成。田中広輔は赤ヘル打線の斬り込み隊長として猛攻の起爆剤となった。進化を続けるトップバッターが、自身初の個人タイトル獲得の喜びを語る。

最多盗塁は昨季の失敗が生きた結果

――最多盗塁と最高出塁率。1番打者として重要なタイトルを獲得しました。


 活躍できたという手応えはあります。トップバッターの仕事を、しっかり一年間ブレずにできたことが結果に表れてくれたので、本当に良かったです。


――昨年の契約更改から、初の個人タイトルへの意欲を口にしていました。


 まずは最多盗塁を狙いたいということを明確にして、今シーズンは臨んでいましたね。これまで、個人タイトルを獲得した選手のことを「すごいなあ」と第三者としてというか、外から見ていました。まさか、自分が今季にタイトルを獲得できるとは思っていなかったので、僕にとってはすごく価値のあることです。


――昨季はリーグ2位の28盗塁を決めましたが19の盗塁刺があり、成功率は5割9分6厘。それが今季は35盗塁(13盗塁刺)で、成功率は7割2分9厘にアップしています。


 昨季にさんざん走らせてもらい、その経験が生きました。スタートに余裕ができたというか、すべて走るのではなく、いいスタートを切ることができたときだけ走ることができたので、そういう部分が成功率や、盗塁数に現れているのだと思います。


――スタートがうまくいかなかった場合には思いとどまることができた。


 それができないと、相手に簡単にアウトを一つあげてしまうことになる。それも昨季に走らせてもらったからできるようになったことですね。スタート、反応が悪いときには感覚的に分かるようになりました。


――盗塁の大切な技術として、スタート、スピード、スライディングが挙げられますが、その中でもスタートを重視していた。


 そうですね。一番大切なところだと思います。

毎日の短距離ダッシュで意識すること

――シーズン中には腰にチューブを巻き、背後からスタッフに引っ張ってもらって負荷をかけながら、10メートルほどの短距離ダッシュを毎日行っていました。


 取り入れたきっかけは昨秋のキャンプ。河田(雄祐)コーチ(現東京ヤクルト)から提案してもらった練習の一つでした。スタートの形につながりますし、地面のかみ方にも影響する。実際にやってみて「いいな」と感じたので、今季は一年間やっていました。


――引っ張るスタッフは体重90キロほど。しっかり力を入れないと走ることは難しそうです。


 そうですね。低い体勢で走ることを意識しています。そうしないとうまく引っ張ることはできません。


――夏場のマツダスタジアムでも継続していましたが、見ているだけでも疲れそうなメニューでした。


 いや、おそらく見ているよりも体力的にはきつくないですよ。全力でやっていないわけではないですが、それほど思いっ切り走っているわけではないので。どちらかというと、出だしと、前傾姿勢の確認ですから。体に負荷をかけるというよりも、感覚をつかむための練習です。


――例えばチームメートの赤松真人選手は、ベンチにいるときも相手投手を観察し、クセなどをメモに書いていると話していましたが、田中選手も同じようなデータを残しているのでしょうか。


 ベンチでは必ず、相手投手を観察しています。いろいろな傾向も頭の中には入れていましたね。2年連続でフルイニングに出場していますし、情報はある程度蓄積しています。


――マツダスタジアムのグラウンドは内野が土ですが、人工芝との違いはありますか。


 それはもちろん、人工芝のほうが走りやすいですよ。スタートしてからスピードに乗るのも早いですし。でも、僕はあまり気にしていません。グラウンドを盗塁できない言い訳にはしたくないですからね。

週刊ベースボールONLINE

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント