アンデルセン監督が率いる北朝鮮代表の今 E−1選手権は「真価」を問われる場に

李仁守

成績は低迷も、選手たちは日本戦に意欲を示す

アジアカップ予選を戦っている北朝鮮代表。レバノンに大量失点を喫するなど、成績は安定しない 【写真:ロイター/アフロ】

 メンタル面では選手の自律を促し、戦術面ではポゼッションサッカーを提唱するアンデルセン監督。就任から約1年半の間に、北朝鮮代表には少なくない変化がもたらされたわけだ。

 ただ、成績は低迷している。

 今年6月から始まったAFCアジアカップ2019の最終予選では、香港、レバノンを相手に3戦を戦って2分け1敗。1試合も勝ち星も挙げられず、レバノンには0−5と大量失点を喫して敗れている。11月10日と13日に行われた同予選で、マレーシアに2連勝(いずれも4−1)したものの、格下相手の勝利だけに、まだ満足できる状況とは言えないだろう。

「たしかに、代表チームが置かれている状況は、決していいとは言えません。レバノンに0−5で敗れたことはショックでしたよ。僕の代表キャリアの中でも、初めて経験したスコアでしたから。マレーシアには連勝しましたが、その結果よりも、2試合とも1点を失っていることを注視すべきでしょう。アジアカップ予選とはいえ、W杯予選と同じレベルで戦えなければ、上を目指すことはできません。

 目指しているのは、あくまで22年のW杯カタール大会。僕個人としても、W杯に出場することは大きな目標です。だからこそ、ロシア行きを決めた日本と韓国をはじめ、アジアでもトップレベルの3カ国と対戦できる今回のE−1選手権は、チームにとって良い機会になるでしょう。強い相手と戦わなければ、本当の実力も課題も見えないので、この大会で良いところも悪いところも、すべてを出し切りたい。

 もちろん、チームの実力を確かめるだけで大会を終えるつもりはありません。勝って結果を残すからこそ、自信も生まれる。その自信が、22年のW杯にもつながるのではないでしょうか」
 

アジア上位国と対戦する初めての機会となるE−1選手権。日本戦は並々ならぬ覚悟を持って臨むつもりだ 【写真:ロイター/アフロ】

 事実、アジア上位国とタイトルを懸けて争うのは、アンデルセン監督が就任して初めてのこと。E−1選手権は、アンデルセン体制の真価が問われる大会になると言えるだろう。まして初戦の相手はハリルジャパンだ。北朝鮮は、この一戦に並々ならぬ覚悟を持って臨むという。

「日本戦では、代表選手たちの目つきが明らかに変わります。底知れぬパワーが出るんです。日本で生まれ育った僕にとっても、日本の地で日本代表と戦うことには特別な意味がある。出場できるかは分かりませんが、日本中の人々に何かを感じてもらえるような試合にしたいです。死ぬ気で勝ちにいきます」

 果たして、アンデルセン監督率いる北朝鮮代表は、東アジアのトップチームを相手にどのようなサッカーを見せるのか。東アジアの“古豪”の再起を期待したい。

2/2ページ

著者プロフィール

李仁守

1989年12月18日生まれの在日コリアン3世。大学卒業後、出版社勤務を経て、ピッチコミュニケーションズに所属。サッカー、ゴルフ、フィギュアスケートなど韓国のスポーツを幅広くフォローし、『サッカーダイジェストweb』『アジアサッカーキング』『アジアフットボール批評』『女子プロゴルファー 美しさと強さの秘密(TJMOOK)』などに寄稿。ニュースコラムサイト『S−KOREA』の編集にも携わる

新着コラム

コラム一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント