sportsnavi

広島・坂倉、2年目の来季へ野望語る
開幕1軍から賞を“総ナメ”へ!?
次代を担う捕手として期待がかかる広島・坂倉。強肩強打を武器に2年目は開幕1軍を見据え、その先の野望もあるようだ
次代を担う捕手として期待がかかる広島・坂倉。強肩強打を武器に2年目は開幕1軍を見据え、その先の野望もあるようだ【写真:BBM】

 高卒ルーキーながらファームでは攻守で主力となり、堂々とした立ち居振る舞いでも存在感を発揮した広島・坂倉将吾。果てしないポテンシャルを秘める司令塔の目は、早くも来季の戦いへと向いている。


 ドラフト4位ルーキーは、周囲の予想よりもずっと早くに頭角を現した。2月の春季キャンプでは、チーム関係者が「あいつはすごい」と、とにかく絶賛。厳しいボールを難なく打ち返す打撃センスと、二盗を何度も阻止する強肩。先輩投手をうならせるキャッチング技術は高卒1年目のそれではなく、早くも「将来の正捕手」の声も。そして期待の新星は、前評判どおりの大活躍でルーキーイヤーを駆け抜けた。

1年間で得た手応えは「ない」

――坂倉選手が目指す選手像とはどのようなものでしょうか。


 今年は主に2軍でプレーしましたが、やっぱり1軍で出てなんぼの世界。1軍でマスクをかぶってチームの勝利に貢献できるようになることが一番の目標です。


――今季は1軍デビューを飾り、初安打を放ちました。


 まずは1軍に行けるように、と思ってやっていたので、具体的にヒットを打ちたいとは(頭の中で)描いていなかったですね。


――その安打以外にも、ファーム日本選手権では決勝3ランを放つ活躍もありましたが、1年間で手応えを得たシーンはありますか。


 うーん……これをつかみ切った、というものはないんですよね。つかみかけては調子を落とし、またつかみかけて……という繰り返しだったので、特に「これが」というきっちりしたものはなかったですね。


――NPBアワーズでは、ウエスタン・リーグのビッグホープ賞だけでなく、優秀選手賞などさまざまな賞を受賞しました。


 今シーズンは本当に大きい1年にさせてもらいました。試合に出ることが一番の勉強なので、試合に出させていただいたことが本当に良かったと思います。


――勉強になった点は。


 通用したというところは、はっきりとしてはいないのですが、数字としてファームで打率2割9分8厘を残せたのは、1年目としては良かったです。でも、まだまだだと思っています。秋季キャンプが終わりましたし、このオフが大事になります。


――オフの課題は。


 体を強くしながら、計画的にトレーニングしていくつもりです。まだまだ1年目が終わったばかりで、きっちり1年間通して出場したわけではないので。シーズンを通してプレーするには体が一番大事になる。筋力や体幹などを鍛えながら、全体的に大きくしたいですね。地元に帰ってもあまりやることはないですし、広島にいたほうがいろいろとやれることはあるので、年末までは広島で過ごすつもりです。

開幕戦の“違った雰囲気”を経験したい

 初の秋季キャンプでは盗塁練習で、盗塁王に輝いた田中広輔を刺す場面もあり、さらに評価を高めた。ただ、自身は「捕手有利なので……。何事も完璧を目指したいタイプ。まだバラつきもあるので、もっと安定感を出せるようにやっていきたい」と至ってクール。成長を見守る周囲の視線は熱を増すばかりだが、見据えるのは来季の開幕1軍。ただ、その先に、大いなる野望も匂わせた。


――秋季キャンプの手応えは。


 捕手としてたくさん練習できたことは良かったですね。打撃面では東出(輝裕)打撃コーチや迎(祐一郎)打撃コーチといろいろ話しながら、バットを構える位置や体重のかけ方、足の上げ方などを試すことができました。最終日もいい感触で終えることができました。


――来季が2年目となります。


 1年目とはまた違った感覚が出てくるでしょうし、これから初めてのオフを迎えますが、そこへの入りは経験したことがないので難しい部分も出てくると思います。何とか自分に合う練習をできればいいと思っています。


――現時点での来季の目標は。


 具体的な数字は考えていませんが、開幕1軍を目指します。その中で、数多くの1軍の試合に出場していきたいと思っています。


――石原慶幸選手、会澤翼選手、磯村嘉孝選手ら先輩捕手は手ごわいですが、開幕1軍のためには打撃、肩、守備、どこが最短となってくると思いますか。


 やっぱり打撃からですかね。守備は試合に出て、経験しないといけないので。今季、初めて1軍に出場したときは緊張感がありましたが、開幕戦となるとまた違った雰囲気があると思います。そこも経験していきたいですね。


――来年もアワーズに出席したい。


 そうですね。次に来るときは第二部、1軍のほうに呼んでもらえるようになりたいですね。


――狙う賞は。


 いや〜。総ナメにしたいですけどね(笑)。ベストナイン、ゴールデン・グラブ、首位打者……全部取りたいです。


(取材・構成=吉見淳司)

週刊ベースボールONLINE

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント