IDでもっと便利に新規取得

ログイン

DeNA・飯塚が味わった格別の初勝利
期待の若手から「勝てる投手」へ

提供:スポナビライブ

進化した高校3年夏の甲子園

日本文理高時代に意識を変え、「勝てる投手」として進化した
日本文理高時代に意識を変え、「勝てる投手」として進化した【写真提供:高校野球ドットコム】

 そこで手を差し伸べたのが09年夏には甲子園準優勝を果たした大井道夫監督(今年10月で勇退)である。百戦錬磨の将は飯塚と以下のやり取りをし、まずは意識の変化を促した。


「『お前は勝ちたいのか』って聞いたら『勝ちたい』って言う。『じゃあ、今のピッチングじゃどうしようもないだろう。四球が多い。四球を出したら勝てないぞ。どうしたらいいんだ?』と言えば、『コントロールです』と言う。『じゃあ四球を出さないピッチングをしよう。お前がコントロールを意識したって、他のピッチャーより速いのだから。コントロール重視のピッチングをやろう』って。本人が『勝ちたい』って結論を出した時からピッチングが変わりました」


 こうして自分の意思を宣言した飯塚。次はコントロールを改善するためにテイクバックが大きいオーバースローから、横回転で動くスリークオーターへいったん転向。投球練習では、「ストライク」を取ることを重要視する。


 2年秋、モデルチェンジは功を奏した。飯塚はチームを秋季北信越大会優勝、そして明治神宮大会準優勝に導く投手へ成長。さらに冬場は肩甲骨を意識したトレーニングを積んで可動域を広げたり、チームメイトに打者心理を聞き、実戦を意識した投球を繰り返した。

 

 冬を越え、オーバースローへ戻したセンバツでも飯塚は成長曲線を描き続ける。豊川高戦での好投手・田中空良(東邦ガス)との投げ合いでは、延長13回裏にサヨナラ打を浴び初戦敗退となるも、被安打10、奪三振11、与四球2にまとめ、最速143キロを計測。「ストライクを取りたいときに取れましたし、三振が必要な場面で三振が取れたり、内野ゴロも打たせられたし、高低を使えたのも良かった」と飯塚も自信を深める大会となった。


 次の段階は全国大会で勝てる投手。最後の夏、飯塚はその目標を体現する。3季連続甲子園出場を果たすと、1回戦の大分高戦では、佐野皓大(オリックス)との投げ合いを制し、9三振、2失点で完投勝利。2回戦の東邦高戦は、5回までに2失点も6回表に打線の援護を受け、逆転した後は0を並べて6安打、9三振に抑え完投勝利。

 

 さらに3回戦の富山商高戦では好左腕・森田駿哉(法政大)との投げ合いを制し6対5でサヨナラ勝ち。準々決勝では聖光学院高と対戦し、10安打を打たれながらも1失点完投。準決勝の三重高戦には0対5で敗れたが、日本文理高としては09年以来となる夏の甲子園4強。飯塚は「勝てる投手」として大きく進化を遂げた。


 甲子園直後にはタイで開催された「第10回 BFA 18Uアジア選手権」の侍ジャパンU−18代表メンバーにも選出。名実ともに高校球界を代表する右腕となった飯塚は、14年10月23日、DeNAから7位指名を受けプロの世界へと足を踏み入れることとなった。

次世代を担う右のエースとしての期待

 今年で3年目を迎える飯塚は、プロでも順調な歩みを進めている。1年目はイースタン・リーグ公式戦で5試合登板ながら、防御率0.60と好成績を残すと、2年目は同じくイースタン・リーグ公式戦15試合に登板し、6勝7敗、防御率3.52と2軍のローテーションを守り抜き、順調にステップアップ。昨年11月には、アレックス・ラミレス監督から直々の指導を受けるなど、3年目の飛躍が期待された。


 そして今年、ファームで好投を続けた飯塚は6月19日、横浜スタジアムでの交流戦、オリックス戦で1軍初登板初先発。同郷・新潟県三条市生まれのエース・金子千尋と投げ合い、プロ初勝利はならずも5回無失点の好投。その後も1軍登板を続け、6度目の先発登板となった8月30日の中日戦で、5回2/3を1失点に抑えると、打線も飯塚を援護し6対3でついにプロ初勝利。試合後、筒香嘉智の粋な計らいで、母校・日本文理高の校歌の映像を動画サイトで流してもらい、プロ初勝利の味は格別のものとなった。


 3年目は1軍登板9試合で1勝にとどまったが、2度のクオリティー・スタート(QS)を達成するなど、来シーズンに期待を持たせる内容を残した。


 今年、19年ぶりに日本シリーズ出場を果たしたDeNAが来年狙うのは20年ぶりのセ・リーグ制覇と日本一。そのピースとして必須なのは一年間ローテーションを守り、「勝てる」若手の先発投手陣である。その筆頭に挙がるのが飯塚だ。このオフには188センチ85キロの身体にさらに強さを求め、18年はチームのみならず、日本の次世代を担う右のエースとして、横浜スタジアムを沸かせる快投を見せていく。

◆◆◆ スポナビライブ番組情報(PR) ◆◆◆


◆DeNAファンフェスティバル2017を11月25日(土)にLIVE配信◆


ソフトバンク、西武、楽天、オリックス、ロッテのファン感謝デーの模様もお届け


11月25日(土)よりアジアウインターリーグ配信! 「スポナビライブ」

高校野球ドットコム
高校野球ドットコム

球児を笑顔に! 頑張る球児を応援する高校野球報道サイト。 全国各地の試合レポート、大会日程結果、選手名鑑に加え、野球部訪問や選手インタビュー、トレーニング・栄養学などのコンディショニングコラムなど、球児たちの上達をサポートする記事を連日配信。パソコンやスマートフォンからチェックできる。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント