運命の出会いで開かれたプロへの扉
広島6位の中部学院大・平岡敬人
広島からの指名を受け、恩師と慕う原克隆監督(右)とともに喜びの表情を浮かべた平岡(中央)。母校の先輩たちの背中を追って、プロでの飛躍を誓った
広島からの指名を受け、恩師と慕う原克隆監督(右)とともに喜びの表情を浮かべた平岡(中央)。母校の先輩たちの背中を追って、プロでの飛躍を誓った【写真=BBM】

 高校、大学と際立った活躍はなし。散々ケガに悩まされ、野球は高校で終わりにしようと思っていた。そんな中、高校3年の秋に人生を変える運命の出会いを果たす。誰もがうらやむ恵まれた体格と秘めたる潜在能力。想像もしていなかったプロの世界の扉を開いた右腕が、恩師と仲間たちの思いも背負って新たなステージに挑む。

高校で野球をやめようと思っていたが…

 運命の出会いが、プロへの道を開く大きなターニングポイントになった。


「高校で野球はきっぱりとやめようと思っていました」


 高校3年秋の時点ではトレーナーを育成する専門学校の願書を取り寄せ、進学をほぼ決めていた。そんな平岡敬人に「もう一度、ウチで一緒に野球をやってみないか」と熱心に中部学院大に誘ったのは原克隆監督だった。


 平岡は兵庫県・神河町立大河内中(現神河中)から育英高に進んだが、エースにはなれず控え投手。ケガも多く、3年間目立った活躍はできなかった。そんな右腕に原はなぜ声をかけたのか。当時のことをこう回想する。


「育英高に行ったときに、むこうの監督さんからは『今年は(候補は)いないですよ』と言われたんですけど、たまたまブルペンで大柄なピッチャーが投げていて。ちょっとフォームに問題があったんですけど、そこが修正されればこの子はまだまだ伸びると思ったんです。それだけの魅力と才能を彼から感じ、お前なら絶対にプロに行けるからと進路を変えさせて来てもらいました」


 この日から二人三脚で始まった新たな野球人生とプロ野球への道。最初は半信半疑だった平岡も原の真っすぐな情熱に突き動かされ、日々のトレーニングに没頭。高校時代は140キロ前後だった球速も原の的確なアドバイスと豊富な練習量で、2年秋には152キロを計時するまでになっていた。この時期からグラウンドや試合にプロのスカウトが訪れるようになり、平岡の中でも夢のまた夢であったプロ野球の世界が少しずつではあるが、現実味を増してくるようになった。

大学3年秋はケガで登板機会ゼロ

ドラフト指名後に、母校のグラウンドでナインたちと記念撮影。指名漏れした仲間の思いも背負って厳しい戦いの世界に歩みを進める
ドラフト指名後に、母校のグラウンドでナインたちと記念撮影。指名漏れした仲間の思いも背負って厳しい戦いの世界に歩みを進める【写真=BBM】

 そんな順風満帆に見えた矢先、大きなアクシデントが平岡を襲う。3年秋に突如右肩に激痛が走った。医師の診断は右肩関節唇の損傷だった。キャッチボールすらできないもどかしい日々。結局、肩の状態は一向に戻らずにその年の秋のリーグ戦は登板機会ゼロ。エースの座も奪われ、「このときはもうプロに行くのは難しいかなと思いました」と失意のどん底に落とされた。


 そんなときでも原の思い、信頼は変わることはなかった。「焦らないでいい。お前なら絶対にプロに行けるから。あきらめたら終わりだからな」と叱咤激励し続けた。その言葉に背中を押され、リハビリを経て4年春の最終戦で先発勝利。ボールのスピードも150キロ近くを計時し、大学ラストイヤーで復調への確かな手応えをつかんだ。


「あの1勝は自分の中ですごく自信になりましたし、監督さんを信じて、大学でこうして4年間野球をやってきて本当によかった。悔いだけは、もう残したくなかったので」


 この言葉の裏には高校3年最後の苦い思い出がある。


 育英高での3年夏──。最後の兵庫県予選の試合で自身が打たれ、チームは敗れている。


「野球からもう離れようと思っていたんですけど、やっぱりどこかで悔いがあったんだと思います。そこに監督さんが声をかけてくれて。気持ちを切り替えるのに時間はかかりましたけど、いまはもう一度野球をやらせてもらったことに感謝の言葉しかありません」

プロで目指すのは黒田博樹

 迎えたドラフト当日。中部学院大には平岡のほかに内海大寿、西居建陽と3人の候補が指名の瞬間を待っていた。内海は大学日本代表にも選出された強打の外野手であり、西居は今春のリーグで3勝をマークした左腕だ。常に切磋琢磨しながら「いつも刺激を受けていた」と平岡の成長になくてはならない存在として、4年間ともに汗を流してきた仲間だった。


 19時10分。ドラフト開始から2時間10分が経過したとき、まずは平岡に広島から6位指名の一報が入った。ここで会見は行われず、ほかの2人の指名を監督室のテレビで固唾を飲んで見守った。だが、無情にも2人の指名はなし……。原監督が練習中だった部員を集めて「平岡が6位で広島に指名されました。内海と西居は残念だったけど、この悔しさを糧かてにまたレベルアップしていってください」と優しく語りかけ、ほどなくしてナインたちによる平岡の胴上げが始まった。


 昨年の床田寛樹(3位)、3年前の野間峻祥(1位)に続く広島からの指名。「投手にも、野手にもいい選手がたくさんいるチームですし、大学の先輩たちとまた一緒にプレーできるのはうれしいです」とコメントした平岡。それでも指名漏れした仲間のことを思ってか、口数は少なかった。


 その気持ちを察して原監督が「本当にマジメで優しい子ですし、それがいいところでもあれば、時には弱気に見えることがある。これまでは私が厳しく言ってきましたけど、プロは自分でやらなければクビになる世界。ここからが本当の勝負だと思ってやってほしい」と厳しくも、愛情あふれるエールを平岡に送った。


 プロで目指す投手は黒田博樹。「誰もが名前を知っている投手なので」とカープのレジェンドを目標に掲げ、温かな環境で育まれてきた右腕が恩師、仲間の思いも背負ってプロでの第一歩を踏み出す。


(取材・文=松井進作)

週刊ベースボールONLINE

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント