sportsnavi

ライバルは相手チームだけではない
今宮純のF1ザ・ショウダウン
フェラーリのチームメイト対決はベッテル(右)が優勢
フェラーリのチームメイト対決はベッテル(右)が優勢【Sutton】

 ふたりはメイトかライバルなのか? チームのプレーヤーとして走るコンビには「二面性」がつきまとう。“ドライバー:個人戦”ではライバルでも、“コンストラクター:団体戦”ではチームメイトであれと首脳陣は望むのだが――。


 10チーム、10コンビのうち今シーズンは7コンビが入れ替わった。昨年と同じままなのはフェラーリ(セバスチャン・ベッテル+キミ・ライコネン)、レッドブル(ダニエル・リカルド+マックス・フェルスタッペン)、トロ・ロッソ(カルロス・サインツ+ダニール・クビアト)だけ。これほどシャッフルされたのは珍しい。


 そこで、今季13戦が過ぎたところで、10コンビの“得点率”をリストアップ。チーム合計得点に寄与した割合を示す。


メルセデス

ルイス・ハミルトン:54.7%、バルテリ・ボッタス:45.3%


フェラーリ

セバスチャン・ベッテル:63.0%、キミ・ライコネン:37.0%


レッドブル

ダニエル・リカルド:67.9%、マックス・フェルスタッペン:32.1%


フォース・インディア

セルジオ・ペレス:51.3%、エステバン・オコン:48.7%


ウィリアムズ

フェリペ・マッサ:56.4%、ランス・ストロール:43.6%


トロ・ロッソ

カルロス・サインツ:90.0%、ダニール・クビアト:10.0%


ハース

ロマン・グロージャン:68.6%、ケビン・マグヌッセン:31.4%


ルノー

ニコ・ヒュルケンベルグ:100%、ジョリオン・パーマー:0%


マクラーレン

フェルナンド・アロンソ:90.9%、ストフェル・バンドーン:9.1%


ザウバー

パスカル・ウェーレイン:100%、マーカス・エリクソン:0%

フォース・インディアの2人は僅差

ベルギーGPの同士討ちにより、多くのポイントを逃してしまったフォース・インディア勢
ベルギーGPの同士討ちにより、多くのポイントを逃してしまったフォース・インディア勢【Sutton】

 さらに掘り下げてみよう。10コンビのなかで最も“得点率”が迫っているのはフォース・インディアの新人・オコンで、今季55点とペレスに3点差に迫っている。まさにライバル対決(!)。コース上で再三やりあってきた二人は「メイト未満、ライバル以上(?)」……。


 2番目がメルセデスのボッタス。首位ハミルトンに41点差でも、加入初年度にチームに貢献。コンストラクターズ首位のチームにとって「必要ならハミルトンのアシストも」と優等生チームメイトだ。


 やや意外かもしれないが、ウィリアムズの18歳の新人ストロールが“得点率”3番手の43.6%、ベテランのマッサに対し気が付けば7点差。これは4番手のライコネン37.0%以上なのだ。


 以下、順にリタイア多発に苦しんできたフェルスタッペンが5番手、マグヌッセン6番手、クビアト7番手。トラブルが頻発したトロ・ロッソではあるがサインツは完走レースでは、イタリアGP以外ですべて入賞しており、クビアトの立場はつらい。逆を言えばサインツ自身の評価が上がるわけだ。


 ハンガリーGPで10位1点を獲得したバンドーンの評価は難しい。アロンソともどもマクラーレン・ホンダに不具合が相次ぎ、新人の彼は十分に走りこめず、セットアップもままならない状況が続いた。焦りやはやる気持ちを抑え、ポジティブな態度を維持する“メンタル・テスト”みたいな前半戦だった。


 もっとシビアな半年を過ごしてきたのがルノーのパーマー。昨年のデビューイヤーで“スロースターター”に見えた彼は後半戦のシンガポールGPで初入賞、終盤はマグヌッセンに対抗。しかし、ヒュルケンベルグが相手となる2年目の現実は厳しく、ピットに居て見守る父親ジョナサン氏もうつろな目に……。


 いまだに無得点なのはエリクソンも同じ、それなのにいつもテレビカメラが寄るとニッコリ。メンタルが強いスウェーデン人はシート確保に絶対の自信があるのか、ポイント寄与率ゼロでもパーマーとは全く違って映る。


 PS、18年ストーブリーグ戦線の“ヒント”が潜んでいる今の10コンビ、20人チームプレイヤーたち。来季に向けシャッフルの秋風が吹き始めている。

F1速報
F1速報
現在、日本で唯一のF1グランプリ速報誌。サイトでは最新ニュースとともに、ウェブ限定のオリジナル記事を多数掲載しています。現場からの速報だけでなく、独自の分析やバラエティ企画も充実。F1ファンが、もっとF1を楽しむための場を目指して、これからも進化していきます。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント