sportsnavi

武豊を背に、ビリーヴの息子が★7を獲得
18冠ベビーやオルフェーヴル妹も高評価

競馬専門紙「優馬」の2歳馬チェック

 夏の北海道シリーズでは藤沢和厩舎の期待馬達が続々とデビューを飾ったが、先週開幕した秋の阪神開催では池江寿厩舎の勢いがスゴイ。土日の新馬戦をビリーヴの仔ジャンダルム、“18冠ベビー”のシルヴァンシャー、そしてオルフェーヴルの全妹デルニエオールで3連勝! それぞれの評価は如何ほど?

短距離女王の7番仔は脚長で中距離志向? ジャンダルム

ビリーヴの仔ジャンダルム(緑帽6番)が早目抜け出しで完勝
ビリーヴの仔ジャンダルム(緑帽6番)が早目抜け出しで完勝【撮影:日刊ゲンダイ】

9/9(土) 阪神5R 2歳新馬 芝1600m外

ジャンダルム 牡 馬体重:480kg

★★★★★★★ 7点〔GIIIクラス〕

騎手:武豊 厩舎:(栗) 池江寿 

生産: North Hills Co. Limited

馬主: ノースヒルズ

父:Kitten's Joy

母:ビリーヴ(サンデーサイレンス)


 スムーズにスタートを切ると、前の2頭を見る形で楽に先行し、緩い流れにもシッカリと対応した。直線では追い出しを待つ余裕を見せながらも、ダノンバラードの甥ロードラナキラ、ミッキーアイルの全妹スターリーステージといった良血馬達を完封。4角で外に逃避した以外は非の打ち所もなく、今後に期待が膨らむ勝ちっぷりだ。


馬体診断

 全体的なシルエットはやはり良血馬らしいが、まだ仕上げ切ってはいないのと、馬体自体が成長途上である点が見受けられた。兄姉達と見比べるとスッキリとした印象で脚長に見える。その点で言えば、これまでの母の産駒とはやや毛色が違い、中距離タイプに成長するかもという鞍上の見立てにも納得がいく。

 

血統診断

 母ビリーヴはスプリンターズSと高松宮記念を制した短距離女王。引退後は渡米して繁殖生活を送り、初仔のファリダット(安田記念3着)や、フィドゥーシア(アイビスSD2着)などを産んでいる。本馬の父Kitten's Joyは米の芝2000m、2400mのGI勝ち馬で、日本での代表産駒にはダッシングブレイズ(エプソムC)がいる。母ビリーヴの産駒が父系の血統にかかわらず短距離志向が強いことから、結果的にはマイル以下、という可能性も捨て切れない。


馬券の狙い目→兄姉馬のように競走馬としての完成は古馬になってから。現状では1600m〜2000m戦、きさらぎ賞(京都芝1800m)や毎日杯(阪神芝1800m)のようなレース向き。

競馬専門紙「優馬」
競馬専門紙「優馬」
競馬専門紙「優馬」のスペシャル競馬サイト。トレセンや競馬場という現場で記者やトラックマン達が仕入れてきた生情報を元に、予想記事やコラム記事を掲載しています。さらに、競馬ファンのニーズに対しダイレクトに応えていくようなコンテンツも展開。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント