sportsnavi

母ビリーヴと同じ成長曲線フィドゥーシア
韋駄天集結! アイビスSDの記者座談会

競馬専門紙「優馬」トラックマン座談会

 東西ローカル全てで場所替わりとなる今週だが、新潟では名物の直線1000m戦、アイビスサマーダッシュが行われる。勢いのある韋駄天が集結したが、TM(トラックマン)陣はどのようなジャッジを下すか。

名牝の仔フィドゥーシアに 重賞制覇の機は熟したか?

スプリントGI2勝の名牝ビリーヴを母に持つフィドゥーシア(撮影:日刊ゲンダイ)
スプリントGI2勝の名牝ビリーヴを母に持つフィドゥーシア(撮影:日刊ゲンダイ)【(C)競馬専門紙「優馬」】

デスク「このレースを2連覇していたベルカントの引退で、ここは過去の覇者が不在の一戦となるが、重賞自体も未勝利のフィドゥーシアに人気が集中しそうだな」


坂倉「前走の韋駄天Sは、自身初めての直線競馬だったにもかかわらず、後続を全く寄せ付けない完勝でしたからね。時計的にも胸を張れるもので、かなりのコース適性を示したと言えますし、ここでも中心は譲れないでしょう」


佐藤直「ここは近2走で勝負付けの済ませている馬も多いし、再度の54キロで夏の開幕週なら53秒台が出てもいいレベルだよ。ならば、影を踏む馬もいないんじゃないか」


守屋「この新潟でGIのスプリンターズSを制した母のビリーヴが、初めて重賞を勝ったのは4歳9月のセントウルSですが、フィドゥーシアの成長曲線は母をなぞっているかのような感も受けますね」


デスク「陣営も当然強気なんだろうな」


瀬古「以前はゲートを潜ったりするなど精神面での幼さを見せていましたが、この2連勝は陣営も“年齢を重ねて心身ともに成長して本格化した”と、高い評価を与えています。2走前の2着馬は先日の函館スプリントSでも2着と好走していますし、もう重賞を勝つだけの力も備わったと見ていいでしょう。母に縁のある地で、初タイトルを掴めるはずです」


久光「ただ、僕は直さんの言う“勝負付け”が済んでいないアクティブミノルに魅力を感じます。前走のCBC賞は開幕週ながら雨を貰ったタフな馬場で、かなり厳しい競馬を強いられながら3着に踏ん張ったもの。ブリンカーの効果もあったと思いますが、コーナーのあるコースでの1000m通過が55秒4という数字も優秀でした。GIIを含む重賞2勝、そしてGIでも好走のある実力馬が、前走で復活成ったと見てますよ」


守屋「僕もアクティブミノルの前走は、確かな復調を感じさせる内容だったと思います。馬群で揉まれるとダメな馬なので、直線競馬はむしろ合っているかもしれないですが、何より理想的な大外枠を引けましたからね。調教で終いまでビッシリ追えていることから、状態面での不安もないですし、別定戦で各馬の斤量が軒並み増えている中で据え置きの56キロも有利な材料です。これが3度目の騎乗となる酒井騎手も、前走後にかなりの好感触を持っていたようですしね」


デスク「ただ、コース経験のある馬が多い中で、この馬は初コースも鍵となるよな」


伊利アクティブミノルが坂路の最終追い切りでマークしたラスト1ハロン11秒4は、ちょっとお目にかかれない凄い数字です。もともと直線競馬は、坂路調教とリンクしやすいと言われていますし、適性は高いと見ていいのではないでしょうか」


福田「前走については陣営も“ブリンカーを着けたことで前向きさが戻ったし、交わされてからも渋太かった”と。もちろん“直線競馬に適性があると思って使う”と、手応えアリの様子やったで」


小野智「私は昨年の覇者が不在なら素直に2着だったネロを狙うべきかと思います。韋駄天Sから臨んだ昨年とは違って半年ぶり、そして58キロの斤量も嫌われているんでしょうが、力と確かなコース適性を信じたいですし、何より過去3戦3勝と相性抜群の戸崎圭騎手なら、持って来るはずですよ」


瀬古ネロは、追い切り本数は十分過ぎるほどの量ですし、最終追いも昨年2着当時は赤帽だった川又騎手が跨いで、ほぼ同じ時計をマークしているんですが、意外なほど陣営のトーンが低いんですよ。初めて背負う58キロが楽ではないにしろ、コースも鞍上も相性がいいのに強気のコメントが出ないとは……。取材の感触上はオススメできないですね」

競馬専門紙「優馬」
競馬専門紙「優馬」
競馬専門紙「優馬」のスペシャル競馬サイト。トレセンや競馬場という現場で記者やトラックマン達が仕入れてきた生情報を元に、予想記事やコラム記事を掲載しています。さらに、競馬ファンのニーズに対しダイレクトに応えていくようなコンテンツも展開。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント