中盤戦は中団5チームの戦いに注目!
今宮純のF1ザ・ショウダウン
わずか数ポイントで順位が入れ替わる中団チーム
わずか数ポイントで順位が入れ替わる中団チーム【XPB Images】

 F1ジャーナリストの今宮純氏が様々な要素を「対決」させていく新企画。第2回はトップチームを追うミッドフィールダーのチーム戦力を分析する。チャンピオンシップ争いではメルセデスとフェラーリが熾烈(しれつ)な争いを繰り広げているなか、レース毎に順位が入れ替わっていく中団チームの戦いも非常に熱いものになっている。

攻撃的、守備的に分かれる各チーム

 いま“ハーフバック・バトル”がおもしろい。グランプリごとに順位が入れ替わる5チーム。第3戦バーレーンGP終了時点ではフォース・インディア17点、ウィリアムズ16点、トロ・ロッソ12点、ハース8点、ルノー2点。各チーム間の得点差は一桁で、すぐに抜けるがすぐに抜かれるギャップだ。


 現在のポイント制では彼らがトップ5にくい込み、二桁得点をゲットするのは正直難しい。フェラーリ、メルセデス、レッドブルの6台のうち2台に先行しなければならない。7位6点、8位4点、9位2点、10位1点を毎戦すくい取って行くような戦い、ミッドフィールダーたちの戦法はそれだ。


 その5チームは2つのタイプに分かれる。攻撃的ミッドフィールダー=トロ・ロッソ&ハース&ルノー。守備的ミッドフィールダー=フォース・インディア&ウィリアムズ。現有マシン戦力とドライバー力を見わたすと布陣はこうなるだろう。

アグレッシブさが目立つトロ・ロッソ

トロ・ロッソのサインツはアグレッシブさが一段と目立つ
トロ・ロッソのサインツはアグレッシブさが一段と目立つ【写真:ロイター/アフロ】

 トロ・ロッソでは3年目のカルロス・サインツは今年になってアグレッシブさが一段と目立つ。来季には“脱トロロッソ”を実現したいサインツは自己PRに邁進中だ(第一志望はルノーか?)。いつ“宣告”されかわからない立場のダニール・クビアトは候補生ピエール・ガスリーの存在を意識しているのは明らか。自由に競わせるフランツ・トスト代表と、野心的な若き設計者であるジェームス・キーTDが2人の攻撃性を引き出す。

強気なドライバーがそろうハース

ハースF1チームのロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンは、3戦終えて4ポイントずつと安定した成績を残している
ハースF1チームのロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンは、3戦終えて4ポイントずつと安定した成績を残している【XPB Images】

 ハースのギュンター・シュタイナー代表は結成2年目に、スピードを高めてリライアビリティー(信頼性)向上を目指すと強気だ。ロマン・グロージャンもケビン・マグヌッセンもそろって負けず嫌いなタイプ。フリー走行でも相手に譲る気を見せない。不安要素はそんな彼らが互いに接近戦のまま入賞を争うとどうなるか。チームオーダーなど聞き入れないかも。

アップデート計画中のルノー

次々とアップデートを計画中のルノー
次々とアップデートを計画中のルノー【写真:ロイター/アフロ】

 この5チームのなかではリソースが最も充実しているルノー。ヨーロッパ・ラウンドに向かい、次々にアップデートを計画中だ。フォース・インディア時代から予選に強いニコ・ヒュルケンベルグがここまでの3戦で予選7位に2度進出しており、一撃スピードが上がってきている。課題はレース時のアンダーステア症状で、ボトムスピードが落ち、コーナー出口でのトラクションが鈍る。これを修正してきたら得点力が一気にアップか。他チームは彼らの伸びしろを警戒すべき。

ウィリアムズは“キーボーイ”の成長待ち

ウィリアムズのランス・ストロール(右)は第3戦時点でまだノーポイント
ウィリアムズのランス・ストロール(右)は第3戦時点でまだノーポイント【XPB Images】

 ウィリアムズは新指揮官パディ・ロウばかりでなく、フェラーリの空力チーフだったディルク・デ・ビアの加入がFW40の戦闘力を押し上げている。低温で濡れ乾きの路面だった上海の苦戦を除けば、予選アタックもレースペースも5チームのなかではトップレベル。いまはフェリペ・マッサが着実に中位入賞を重ね、新人ランス・ストロールの成長を待つ状況。18歳ルーキーがランクアップの“キーマン”ならぬ“キーボーイ”。序盤戦は攻めるのもマッサ、守るのもマッサ。ベテランが一人二役だ。

3戦連続ダブル入賞のフォース・インディア

タイトルスポンサー「BWT」の獲得により財政に余裕が生まれたフォース・インディア
タイトルスポンサー「BWT」の獲得により財政に余裕が生まれたフォース・インディア【XPB Images】

 開幕から3戦連続ダブル入賞としっかり結果を残してきたフォース・インディアだが、セルジオ・ペレスはVJM10に満足はしていない。低中速コーナーでダウンフォースが不足。風洞と実走での差異がありそれを修正中だ。第3戦のバーレーンGPに彼らとしては早期にかなりのエアロ・パーツ類を投入。タイトルスポンサー「BWT」の獲得によってアップデート計画が実行しやすくなったのはたしか。レース巧者セルジオ・ペレスがマッサに挑み、エステバン・オコンがストロールを抑えるフォーメーションで、がっちり守りを固める。

F1速報
F1速報

現在、日本で唯一のF1グランプリ速報誌。サイトでは最新ニュースとともに、ウェブ限定のオリジナル記事を多数掲載しています。現場からの速報だけでなく、独自の分析やバラエティ企画も充実。F1ファンが、もっとF1を楽しむための場を目指して、これからも進化していきます。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント