ソフトバンク、今シーズンの注目ポイント 投打に戦力充実でV奪還狙う

ベースボール・タイムズ

デスパイネ加入で打線に厚み

WBCで活躍し、ソフトバンクに合流したデスパイネ 【写真は共同】

 まさかのV逸の悔しさを胸に、今季に臨む福岡ソフトバンク。2019年まで契約を延長した工藤公康監督の下で、再びの独走優勝を目論む。

 新戦力での注目度ナンバーワンは、何といってもドラフト1位で5球団競合の末に獲得した剛腕、田中正義。しかし春季キャンプでは制球に苦しみ、疲労で状態も上がらずに開幕2軍スタートが決定。まずは焦らず。長いシーズンの中で、どのタイミングでプロデビューできるのか。ファンの注目度は高い。

 近年の戦略通り、田中以外の新人は、2位・古谷優人、3位・九鬼隆平らすべて高校生。今季に限れば、新外国人の働きが重要になる。その目玉は、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)でキューバ代表として改めてその長打力を見せ付けたデスパイネだ。昨季まで千葉ロッテに所属し、来日3年目の昨季は打率2割8分0厘、24本塁打、92打点。かつての長距離砲・李大浩のような、もしくはそれ以上の活躍をできれば、他の追随を許さない打線が完成する。もう一人の新外国人・ジェンセンも、中継ぎの剛腕・スアレスが故障中のために1軍枠に入ることができる。昨季不足していた一発長打の部分を補いたいところだ。

若手の活躍でさらなる活性化

 新戦力に限らず、楽しみな若手が非常に多く在籍する。投手陣では武田翔太、千賀滉大の侍コンビがWBCを糧にどのような成長を見せてくれるのか。高卒2年目のドラ1右腕・高橋純平の1軍デビューも期待される。野手陣ではU−23代表の4番として世界一に大きく貢献した真砂勇介、新リードオフマンとして高い能力を持つ上林誠知らが現レギュラー陣を脅かすほどの存在になれれば、チームはさらに活性化する。

 その一方で、平成の怪物、松坂大輔の動向にも注目が集まる。復活へ向けて自主トレ、春季キャンプと懸命に汗を流し、一進一退の中で3月25日のオープン戦(対広島、ヤフオクドーム)で7回無安打無失点の快投劇を披露。開幕ローテからは漏れたが、チャンスは必ず来るはずだ。

 また、WBCで悔しさを味わった松田宣浩、同じく内川聖一の奮起にも期待。そして扇の要を誰が務めるのか、それとも昨季までと同様に数人を併用するのかという正捕手問題の解決策も大きなポイントになる。

 投打ともに充実の戦力を有し、今季も圧倒的な優勝候補としてシーズンに挑む工藤ホークス。巨大戦力がゆえに、選手起用を含めたチームマネジメント能力も問われることになる。2年連続のV逸は許されない。誰よりも監督自身、そして選手たちが強くそう思っているはずだ。

オープン戦成績

10勝5敗3分(12チーム中2位)

チームトップ
打率:中村晃 3割7分0厘
本塁打:江川智晃、上林誠知、柳田悠岐、ジェンセン 2本
打点:柳田悠岐 9打点
安打:中村晃 20本
四球:中村晃 9
盗塁:明石健志、今宮健太 5

防御率:東浜巨 1.69
勝利:和田毅 3勝
セーブ:岩嵜翔、サファテ 2セーブ
登板:岩嵜翔 8試合
投球回:東浜巨 21回1/3
奪三振:東浜巨 21

過去5年のシーズン成績

2016年:2位 83勝54敗6分 
2015年:1位 90勝49敗4分 ※日本一
2014年:1位 78勝60敗6分 ※日本一
2013年:4位 73勝69敗2分
2012年:3位 67勝65敗12分
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

ベースボール・タイムズ

プロ野球の”いま”を伝える野球専門誌。年4回『季刊ベースボール・タイムズ』を発行し、現在は『vol.41 2019冬号』が絶賛発売中。毎年2月に増刊号として発行される選手名鑑『プロ野球プレイヤーズファイル』も好評。今年もさらにスケールアップした内容で発行を予定している。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着コラム

コラム一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント