IDでもっと便利に新規取得

ログイン

侍が予想以上に見せつけられた力の差
実績十分のアメリカ投手陣に沈黙
8回2死一二塁、筒香が好打を放つも、打球はライトのグラブへ吸い込まれた
8回2死一二塁、筒香が好打を放つも、打球はライトのグラブへ吸い込まれた【写真は共同】

 筒香嘉智の打球が雨の中に打ち上がった瞬間――。いい角度でライトに飛んだライナーを見て、スタジアムの誰もが逆転弾だと思ったのではないか。


 3月21日(現地時間)、ロサンゼルスのドジャー・スタジアムで行われた第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝は、8回表を終えて2対1とアメリカがリード。追う立場の日本も、その裏に2死一、二塁と長打が出れば一気に逆転というチャンスを作った。


 ここで打席に入ったのは4番の筒香。今大会では7試合で打率3割2分、3本塁打と大活躍の主砲は、変則右腕パット・ニシェクの1ボール2ストライクからのチェンジアップをライトに弾き返した。しかし……。

「すべてはピッチング」とアメリカ監督

「これまでも私が言い続けた通り、すべてはピッチング次第だった。日本の投手陣の投球はとても良かった。しかし、私たちのほうがさらに少し良かったということ」


 アメリカのジム・リーランド監督はそう述べたが、実際に今夜のアメリカ投手陣は素晴らしかった。制球良く投げ込まれるツーシームを武器に、7投手にはほとんど付け入る隙がなかった。そして、今大会を通じて日本打線を引っ張り、アメリカでも評価された4番打者の打席は象徴的だった。


 打った瞬間は行ったかと思えた筒香の打球もやはり芯を外れており、ライトのアンドリュー・マカチャンのグラブに収まった。ここで最大にしてほぼ唯一のチャンスも生かせず、日本は追い込まれてしまう。


 結局、最終回の攻撃も簡単に3者凡退に終わり、2対1でアメリカが逃げ切り勝利。野球王国は第4回にして初のWBC決勝進出を決め、日本の2大会ぶりの決勝進出の夢はここでついえたのだった。

惜しまれるのは内野守備だが…

 最大の見せ場となった8回の攻防に至るまで、惜しむらくは日本の2失点がどちらも内野守備のミスから生まれたものだったことだ。


 4回1死からクリスチャン・イエリッチのセカンドゴロを名手・菊池涼介が大きく弾き、1死二塁に。その後、マカチャンに適時打が出て、日本の先発・菅野智之に抑え込まれていたアメリカが先制した。


 6回に菊池の一発で日本が一度は同点に追い付いたのもつかの間、8回にアメリカが突き放す。1死二、三塁からアダム・ジョーンズがサードゴロを放つと、三塁走者を刺そうと焦ったか、松田宣浩がこの平凡なゴロをお手玉。打者走者を一塁でアウトにしたためにエラーにはならなかったが、こんな形で決勝点を許したのは痛恨というほかにない。


「(大事な場面で)私たちはバットにボールを当てることができた。(サードの松田が)ボールを弾くというミスを犯し、それに付け込むことができた」


 アメリカのリーランド監督もそう語り、特に8回の松田のプレーをポイントとして挙げていた。


「ミスをしたほうが負けるということ。ただ、彼らを責めることはできない」


 小久保裕紀監督はこれまでチームを支えてきた二塁手、三塁手をかばい、雨中のゲームという悪コンディション、日本では人工芝に慣れているといった条件を難しさとして挙げた。そんな言葉も菊池、松田の慰めにはならず、敗北に直結するミスは2人の名手をしばらく苦しめるはずだ。

杉浦大介
杉浦大介

東京都生まれ。日本で大学卒業と同時に渡米し、ニューヨークでフリーライターに。現在はボクシング、MLB、NBA、NFLなどを題材に執筆活動中。『スラッガー』『ダンクシュート』『アメリカンフットボール・マガジン』『ボクシングマガジン』『日本経済新聞・電子版』など、雑誌やホームページに寄稿している。2014年10月20日に「日本人投手黄金時代 メジャーリーグにおける真の評価」(KKベストセラーズ)を上梓。Twitterは(http://twitter.com/daisukesugiura)

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント