IDでもっと便利に新規取得

ログイン

1本ほしいときの4番・筒香の一発
世界一経験者・岩村明憲氏が解説
「打席の落ち着きがすごい」と岩村氏が称賛する4番・筒香。こう着状態が続く中、1本ほしいときの本塁打で日本に勝利を呼び込んだ
「打席の落ち着きがすごい」と岩村氏が称賛する4番・筒香。こう着状態が続く中、1本ほしいときの本塁打で日本に勝利を呼び込んだ【写真は共同】

 第4回ワールド・ベースボール・クラシックの日本代表は15日、2次ラウンドE組3戦目のイスラエル戦に8対3と勝利した。日本は3連勝で2次ラウンド1位通過を決めて、準決勝へ駒を進めた。


 日本は6回、先頭打者・筒香嘉智の今大会3本目となるソロ本塁打で先制すると、松田宣浩のタイムリーなど打者一巡の猛攻で一挙5得点。8回にも内川聖一、松田のタイムリーで3点を加えた。


 投げては先発・千賀滉大が150キロを超える速球とフォークを武器に5回1安打無失点の好投。最終回は牧田和久が3点を失ったが、大量リードにも守られて試合を締めた。

勝利のポイント:筒香の先制本塁打

 岩村氏が挙げたのは、6回の4番・筒香の先制本塁打。


 日本は初回2死二塁の先制機で筒香がサードゴロに倒れるなど、3回まで毎イニング得点圏に走者を進めながらもホームが遠く……5回までに残塁は7を数えた。


 千賀、平野佳寿の日本投手陣も無失点と踏ん張り、ゼロ行進が続いた6回。先頭打者で打席に入った筒香のバックスクリーンへの豪快な本塁打が呼び水となり、イスラエル投手陣に打者一巡5長短打を浴びせて5点を奪った。


 こう着状態を打破する一打がほしいときの4番の一発に、岩村氏も「さすが4番」と称賛した。

「守備のリズムから攻撃に」を体現

こう着状態が続く中での4番の一発で、東京ドームの観客も総立ちとなった
こう着状態が続く中での4番の一発で、東京ドームの観客も総立ちとなった【写真は共同】

以下は岩村氏の解説。


「やはり筒香君のホームランですね。千賀君が5回まで1安打ピッチングをして、それを継いだ平野君もピシャっと抑えた。菊池君のファインプレーもありましたし、球場の雰囲気が盛り上がってきた中で出た一発でした。いつも言うことに『守備のリズムから攻撃に』がありますが、これが見事に形になりましたね。


 筒香君は初回のチャンスで打てませんでしたが、10割バッターはいないので(笑)。でも、それを取り返す、『一本ほしいな』という状況で打ってくれたのはさすが4番だなと思いました。


 彼のすごいところはバッターボックスでの落ち着き方。懐深く待っているのはすごいですね。ピッチャーは吸い込まれていく感覚に陥っていると思いますよ。そして、もう一つ、打ち取られた後もどっしりして帰るのはいいですね。


 4番を争ってきた中田(翔)君と2人で切磋琢磨してくれれば日本のためになると信じています」

「青木君は自分の役割をわかっている」

8回、前の試合まで打率1割台と不振だった青木にヒットが飛び出し、3得点につながった
8回、前の試合まで打率1割台と不振だった青木にヒットが飛び出し、3得点につながった【写真は共同】

「3番の青木君にもヒットが出ました。でも彼は理想というか、追い求めるものが高いので、ヒット1本打ったところで満足はしていないと思います。ただ、前日のキューバ戦のセカンドゴロの打点1もそうですが、彼は自分の役割をわかっていますよね。


 僕も第2回WBCのときアメリカに行ってから打ち始めた経験がありますが、アメリカに行けば周囲の環境などいろいろなものが変わって、彼に流れが来るはずです。青木君の実力があれば、しっかり調整すれば問題ないと思います」

「泣いても笑ってもあと2試合」

「泣いても笑ってもあと2試合です。アメリカでオープン戦を2試合やってから準決勝に臨みますが、準決勝、決勝にいい形で入っていけるように、しっかりとした準備期間にしてほしいです。


 今までとは格段にレベルが違う相手になりますが、日本も6連勝しているんですから、素直に自信を持てばいいと思います。日本人選手からしたら代表は誇りですから。世界一へ向けて頑張ってもらいたいですね」

岩村明憲プロフィール

【写真:長田洋平/アフロスポーツ】

愛媛出身。宇和島東高から1996年ドラフト2位でヤクルトへ入団。2000年からレギュラーを獲得すると、04年には44本塁打を放つなどセ・リーグを代表する三塁手としてベストナイン2回、ゴールデングラブ賞6回を獲得した。07年から渡米し、4年間でデビルレイズなど3球団で活躍。11年から日本球界に復帰すると、楽天、ヤクルトでプレーした。15年からは独立リーグ・福島で監督兼選手として在籍している。WBCには第1回、第2回大会に出場し、2度の世界一に貢献。日本プロ野球通算1194試合、1172安打、193本塁打、615打点、打率2割9分。MLB通算408試合、413安打、16本塁打、117打点、打率2割6分7厘。

イスラエル戦スライドショー

(写真は共同)

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント