sportsnavi

“ベスト対ベスト”と呼ぶにふさわしい2大王座戦
初心者からマニアまで見どころ満載の「UFC209」

メインはウェルター級&ライト級暫定王者決定戦

昨年11月の再戦となるUFCウェルター級王者タイロン・ウッドリーとスティーブン・トンプソンは試合前から激しい舌戦
昨年11月の再戦となるUFCウェルター級王者タイロン・ウッドリーとスティーブン・トンプソンは試合前から激しい舌戦【Zuffa LLC】

 日本時間3月5日(日)に開催される「UFC209」では、まさに“ベスト対ベスト”と呼ぶにふさわしいタイトルマッチ2試合が行われる。

 UFCウェルター級チャンピオン、タイロン・ウッドリー(米国)が、ランキング1位のスティーブン・トンプソン(米国)を迎え撃つ防衛戦は、2016年のベストファイトの1つとも評された激戦の再戦となる。昨年11月のマディソン・スクエア・ガーデンで開催された「UFC205」で拳を合わせた際はドロー裁定により、ウッドリーが防衛を果たしている。


 さらに、ライト級ランキング1位のハビブ・ヌルマゴメドフ(ダゲスタン共和国)と、ランキング2位のトニー・ファーガソン(米国)によるライト級暫定王者決定戦も組まれた。両者の対戦はすでに2年近くも取り沙汰されながら、お互いの負傷により試合が2度も流れた経緯がある。ファーガソンは現在9連勝中、ヌルマゴメドフはUFCで8連勝中と絶好調だ。ヌルマゴメドフが勝てばUFC史上初のロシア人チャンピオンが誕生することになる。


ドロー再戦のウッドリーとトンプソは激しい舌戦

 ウッドリーとトンプソンは、大会のPRを兼ねて出演した米ESPNの看板番組『SportsCenter(スポーツ・センター)』で、激しい舌戦を展開した。


 番組司会者から、前回の試合は自分が勝っていたと考えているかと問われたウッドリーは「いや、オレが勝っていたと思っているのは彼(トンプソン)の方だよ。試合後の表情からも明らかだったじゃないか。フィニッシュ寸前のダメージを与えたのもこちらだけだ。彼はリマッチのチャンスを与えてもらうことが当然のように思っているようだけど、何か勘違いをしているのではないのか」とコメント。


 これに対し、トンプソンはこう返す。


「ドローだった以上、まず自分と再戦をするのが本来だろう。前回の試合以降、オマエはマイケル・ビスピンだ、コナー・マクレガーだと他階級の選手を挑発してばかりいるけど、チャンピオンのくせに、ドローの結末でヨシと思うんだな」

前回の対戦では激戦の末、ドロー裁定によりウッドリーが防衛を果たしているが…
前回の対戦では激戦の末、ドロー裁定によりウッドリーが防衛を果たしているが…【Zuffa LLC】

 それを聞いたウッドリーが「ドローでいいとは言わないが、あの試合は誰が見ても優劣が明らかだった。第4ラウンドにオレはおまえを3回もノックダウンしたんだ。普通のレフェリーだったら試合を止めていたはずだ」と主張すれば、トンプソンは「でもレフェリーは止めなかったし、ジャッジもオマエの勝ちだとは言っていない」とやり返した。


 さらに、「オレとしてはもう1つある。まるでトンプソンがチャンピオンであるかのようなプロモーションも気に入らなかった。全く失礼な話だ。なぜトンプソンがアメリカの国旗を持って入場するんだ? オレは外国人か? 何もかもがヤツ中心なんだ」と不満をこぼしたウッドリー。


 司会者から今回の戦い方について聞かれたトンプソンは次のように答えている。


「前回の試合は必要以上に慎重になりすぎた。キックもあまり出さなかったし、アングルも変えなかったし、普段のようにはアグレッシブじゃなかった。ただ、彼の打撃をもらっても、判定まで持ち込むことができたわけだから、今回は躊躇(ちゅうちょ)しないで自分を出し切りたいと思う」

ヌルマゴメドフが勝てばUFC初のロシア人王者誕生

ヌルマゴメドフが勝てばUFC史上初のロシア人チャンピオンが誕生する
ヌルマゴメドフが勝てばUFC史上初のロシア人チャンピオンが誕生する【Zuffa LLC】

 他方のファーガソンとヌルマゴメドフも、大会前の電話会見で果てることのないトラッシュトークを展開した。


ヌルマゴメドフ「前回のマイケル・ジョンソン戦で、俺はキムラで一本勝ちを収めた。あの時、腕を折ろうと思えば折れたんだけど、ケガをさせたくなかったから、注意深くゆっくりと極(き)めたんだ。もう勝負はついていたからね。でも、ファーガソンの腕を取ったら、腕を折ってやる。そう、フランク・ミアがアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラの腕を折ったように。俺はファーガソンのメンツを潰し、リスペクトという言葉の意味を教えてやろうと思う」


ファーガソン「オレはかつて試合で腕を折られて、その腕で相手をノックアウトしてやったことがある。ヤツがオレの腕を折ろうとしたら、オレはヤツを折かんしてやる。やってみればいい。ブラザー、やってみろよ。タダでは済まないぞ。腕がなくても、オレにはまだエルボーがあればヒザも残っているんだ。オレには生まれたばかりの子どもがいる。子どもを抱くためにも、腕には触らせない」


ヌルマゴメドフ「しっかりと稽古してこないと大変なことになる。彼はこれまで、ハファエル・ドス・アンジョス、エディソン・バルボザといったストライカーとばかり戦ってきている。だからテイクダウンディフェンスの練習も、寝かされた状態から立ち上がる練習も、パウンドを防御する練習もせずにすんでいたはずだ。でも俺は全くタイプが違う。あいつは俺の強さを理解できていない。レスリング系の選手と戦うと、彼はいつもボロを出す」


ファーガソン「決して軽く見るわけじゃないけど、オレのレスリングはおまえよりもずっと優れている。オレのレスリングはフリースタイルだから、おまえのレスリングとは別物だ。オレはおまえを真っ逆さまにして投げつけてやる」


ヌルマゴメドフ「UFCからハビブ戦を打診された時、俺はオーケー、やろうじゃないかと即答した。でもトニーの方はUFCに『お願いだからもっとおカネをください』と嘆願したんだ。なぜだか分かるかい? それは、彼がこれが自分のラストファイトになることをよく知っているからだよ。3月5日、俺はおまえのキャリアにとどめを刺してやる」


ファーガソン「オレはおまえみたいに、何もかも与えられてここまで来たわけじゃない。自分の力とハードワークでのし上がってきた。今回もこれまでと同じように、目の前の敵をフィニッシュするだけだ。おまえを応援している190万人のロシア人は、ひどい気分を味わうことになる」

アリスターvs.ハントの人気者対決も

日本でもおなじみのマーク・ハントとアリスター・オーフレイムが激突
日本でもおなじみのマーク・ハントとアリスター・オーフレイムが激突【Zuffa LLC】

「UFC209」にはこのほか、日本でもおなじみの人気者対決、アリスター・オーフレイム(オランダ)対マーク・ハント(ニュージーランド)、ライト級の新型名勝負製造器ランド・バナッタ(米国)、ネクストGSP(ジョルジュ・サンピエール)とも言われる難民出身ファイター、ミアサド・ベクティック(ボスニア・ヘルツェゴビナ)など、UFC入門者からマニアまで、誰もが楽しめる見どころが満載のカードが積み上がっている。UFCの本領発揮、ボリューム満点のプレミアビッグイベント、見逃し厳禁だ。

(c) Zuffa, LLC

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント