IDでもっと便利に新規取得

ログイン

藤浪が目指すWBCの頂点
「まずは勝ちたい、そして吸収したい」
あこがれの舞台WBCへ向けキャンプで調整を行ってきた藤浪
あこがれの舞台WBCへ向けキャンプで調整を行ってきた藤浪【BBM】

 2月23日から宮崎で世界一奪還に向けた侍ジャパン強化合宿が始まった。そこで近未来の日本代表の軸になる投手、阪神・藤浪晋太郎のインタビューをお届けする。今大会は第2先発という役割を任されそうだが、オフから取り組んできた新しい投球フォームが、なじんできているようだ。WBCで完全復活の予感だ。

WBCはあこがれの大会

――春季キャンプ第3クールが終わりました。頭の中に今シーズンのことはありますか?


 あまりないですね。WBCのことがほとんどを占めています。


――今回、あらためて侍ジャパンに選ばれました。


 楽しみですが、不安はあります。その中で選んでもらえたことは、すごく光栄です。自分が代表のために何ができるのか楽しみですし、個人のことよりもチームの勝利を大事にしたいと思っています。


――そこまで思うということは、この大会への思いも強い?


 そうです。小学生、中学生時代の野球をたくさん見ていた時期に、この大会で日本代表が活躍し、2連覇をしましたのであこがれの大会でした。


――2015年の第1回プレミア12では代表に入れませんでしたが、「代表に入りたい」という思いは強かった?


 プレミア12に関しては、そこまで思わなかったんです。でも今回はすごく「出たい」という気持ちを持っていました。第3回のWBC(13年)のときも、いずれは出たいという気持ちは強かったです。


――そこまで出たいと思うWBCで一番思い出に残るシーンというのはありますか?

 いろいろとあるんですよね。でもやはり09年第2回大会の韓国との決勝戦。延長10回表のイチローさん(現マーリンズ)の勝ち越しタイムリーです。あれが一番覚えている試合です。


――WBCは藤浪投手にとってどういう舞台なのでしょう。


 第1回、第2回で連覇していますし、印象的なシーンが多かったですし、感動したシーンも多かった。そういう舞台に自分も立ちたいという、単なるあこがれです。

ムダな力を抜くことを意識

「優勝したい」と明言した藤浪
「優勝したい」と明言した藤浪【BBM】

――そのあこがれのWBCに出場する前、2月13日の練習試合(横浜DeNA戦)で2イニングを24球で無安打無失点に抑えました。


 ここまで順調に来ていると思っています。でも、その試合の内容が良かったか、というと実は分からない部分が多いんです。相手チームには若手選手が多かったこともありますので。結果よりいろいろなボールを試し、投げられたことが良かったと思っているんです。


――その試合でのいろいろ試したというのは……?


 変化球を多く投げようという意識がありました。フォーシームはほとんど投げていません。3球だけだったと思います。右打者のインサイドに投げたのはすべてツーシームです。


――そのツーシームや変化球の精度はいかがですか?


 ボチボチかな、と感じています。特にツーシームの感触は良かったです。


――そのほかには先頭打者の初球、左打者の内角ヒザ元にギュンと曲げたスライダー系もキレていました。


 あれはカットボールです。初球の入り方で、打者が狙ってくると思っていました。1、2の3で真っすぐ狙いでいると思い、思い切り振ってくるだろうな、と。そこで真っすぐと同じ腕の振りでカットボールを投げたという意図です。


――鋭く変化をしたので、何か意図があったのか、と。


 昨年も同じような初球の入り方をしていましたから、そこにWBCに向けての意図というものはないです。ただWBC球(練習試合では藤浪登板のときに使用)ということで曲がりが大きかったですね。


――ではWBC球に関して違和感はないのでしょうか?


 コントロールに関してはまったく違和感はないです。ただ滑ります。滑りますけど、そういうモノだ、ということで理解しています。


――投球フォームが変わった、というか、すごくリラックスしたフォームで投げながら、最後のリリースでビシッときているように感じました。


 常にムダな力を抜く、余計な力を抜く、ということを意識をしています。特に最後のリリースだけに力を集中するということを、すごく意識しています。バランスよくリリースポイントだけに力がいくように。


――体重移動に関しても……。


 軸を意識して、大きくブレないようにと常に考えて投げています。投球フォームのベース(基本)は変わりませんが、意識は大きく変わりました。感覚の話なんですが、真っすぐ軸足で立って、打者に対し真っすぐ左腕を出して、右腕は早めにトップを作り、しっかり振り切る、というすごくシンプルなことです。それをやるためには、力むとスムーズにいかないです。


――今までは力が入ることが多かった?


 そうですね。そういうことが多かったですね。そういう意味でも2月13日の投球はほぼすべて考えているような投球ができましたね。ムダのない感じで投げられました。

週刊ベースボールONLINE

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント