sportsnavi

ヤクルト廣岡は山田2世か池山2世か
周囲も認める逸材は野球漬けの日々

天性の華を持つホームランバッター

ヤクルト期待の若手・廣岡大志は今キャンプでバットを振り込む
ヤクルト期待の若手・廣岡大志は今キャンプでバットを振り込む【写真は共同】

 全体練習が終わり、沖縄の太陽も少しずつ西に傾いていた頃、浦添市民球場のサブグラウンドには4人の内野手が特守を行っていた。


 そこにいたのは、背番号「1」、「3」、「5」。そして「36」。東京ヤクルトの山田哲人、西浦直亨、川端慎吾とひとケタ選手ばかりが並ぶ中で、期待の新鋭・背番号「36」の廣岡大志は先輩選手たちの中で、ひときわ大きな声を出して白球を追いかけていた。


 プロ2年目となる今年、廣岡は自身初となる1軍キャンプに招集された。19歳の青年にとって、大先輩たちに囲まれて緊張もしていたはずだ。それでも、「1軍定着」、「レギュラー奪取」のためには絶好のアピールの場だった。指揮官もまた、廣岡には期待しているのだろう。真中満監督自らノックバットを持ち、将来のスター候補を鍛え上げる。


 今キャンプにおいて、廣岡の存在感はずば抜けていた。身長183センチ、体重81キロという恵まれた体格のせいだけではない。バットを持てば豪快なフルスイングで、グラブを持てばダイナミックな動きで、ファンの目をくぎ付けにしている。先の特守でも、大先輩の中でも臆することなく、ハッスルプレーを披露し、ファンからの声援を受けていた。

監督もOBも絶賛

 今季初の対外試合となる2月13日の韓国・ハンファ戦。廣岡は「7番・サード」でスタメン起用された。本職はショートだが、少しでも多くのポジションをこなせた方が、1軍定着の可能性も高まる。今はまだポジションにこだわる時期ではないだろう。


 3回無死で迎えた、この日の初打席。廣岡は持ち前のフルスイングを披露すると、打球は大きな放物線を描いてレフトスタンドへ消えた。長い手足から繰り出される豪快なスイング。空振りを恐れない勇気。華のあるたたずまい。天性のホームランアーチストとして、将来を期待させるには十分な一発だった。


 試合後、真中監督は「まだ課題はあるけれども、これからまだまだ伸びるはず」と絶賛し、臨時コーチを務めているミスタースワローズ・若松勉氏も「高卒2年目で、あれだけのパンチ力を持っている打者はそういない」と驚き、この日視察に訪れていたOBの宮本慎也氏は「天性の長距離砲の資質を感じる」と分析した。


 それでも本人は、「このキャンプではバットを上から振る意識をしているけれど、まだまだです。試合でも練習のようなスイングができるように頑張ります」と反省を忘れない。

長谷川晶一
長谷川晶一
1970年東京都生まれ。早稲田大学卒業後、出版社勤務を経て独立。スポーツを中心にさまざまなノンフィクション作品を出版。主な著書に『最弱球団 高橋ユニオンズ青春記』(彩図社)、『プロ野球12球団ファンクラブ全部に10年間入会してみた!』(集英社)、『夏を赦す』(廣済堂出版)、『極貧球団 波瀾の福岡ライオンズ』(日刊スポーツ出版社)など。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント