IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大型補強の巨人、「新化」の行方は!?
サバイバルキャンプがスタート

アプリ限定

監督就任2年目で結果が求められる高橋監督。宮崎・青島神社へ奉納する恒例の絵馬にも力強い字で「新化」と書き入れた
監督就任2年目で結果が求められる高橋監督。宮崎・青島神社へ奉納する恒例の絵馬にも力強い字で「新化」と書き入れた【写真は共同】

 キャンプ初日の観衆は2300人だった。6800人と発表された福岡ソフトバンクに次いで2番目に多い人数ではあったが、監督就任1年目でさらに松井秀喜臨時コーチも注目を集めた昨年が5000人、日曜日だった一昨年が24000人だったことを考えると、由伸ジャイアンツの2年目は静かなスタートだったと言えるだろう。


 今季のチームスローガンは「新化 〜GIANTS PRIDE 2017〜」――。個のレベルアップとチームとしての新しい力の融合とそれによる化学反応を求め、指揮官は宮崎・青島神社へ奉納する恒例の絵馬にも力強い字で「新化」と書き入れた。


 オフの大型補強を経て、「激しいレギュラー争いと厳しい練習が始まる」、「ベテランも若手もレベルの高い競争をして強いチームを作りたい」と高橋由伸監督。投手陣では、先発ローテ入りが期待される吉川光夫と山口俊、そして新たな勝利の方程式構築に燃える森福允彦に新守護神候補のカミネロ。野手陣では不動のセンターとして期待の陽岱鋼に、4年ぶりの日本球界復帰となった新助っ人のマギーなど、多くの新戦力を取り込み、チーム内の競争は例年以上に激しいものになっている。

12人の二塁手候補と激しい先発争い

 ポジション別に見ると、まず注目なのは「正二塁手」争いだ。

ベースボール・タイムズ
ベースボール・タイムズ

プロ野球の”いま”を伝える野球専門誌。年4回『季刊ベースボール・タイムズ』を発行し、現在は『vol.41 2019冬号』が絶賛発売中。毎年2月に増刊号として発行される選手名鑑『プロ野球プレイヤーズファイル』も好評。今年もさらにスケールアップした内容で発行を予定している。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント