IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「練習からすごく緊張していた」
大坂なおみを苦しめた“プロ”の重圧
  • WOWOW

開幕試合の緊張感を呼んだ理由

格下相手に対して受身に回るシーンが目立った大坂なおみ
格下相手に対して受身に回るシーンが目立った大坂なおみ【Getty Images】

 ツアー2年目を迎えた期待の大物、大坂なおみ(日清食品)が17日、炎天下のフルセット(6−7、6−4、7−5)をどうにか乗り切り、昨年に続いて全豪オープン・シングルス2回戦に勝ち進んだ。


 大坂の相手はワイルドカードのアジア枠予選を勝ち上がってきたタイのラクシカー・クムクム。一昨年にジャパン・ウィメンズオープンで1度だけ対戦したことがあり、その時は大坂が勝っているが、今大会では相手が意気込みで上回っていた。パワーを武器にする大坂とは対照的に、正確なコントロールと頭脳プレーで、同じタイ出身のタマリネ・タナスガーン(※編注:08年ウィンブルドンでベスト8進出)に共通して堅実味が売り物。大坂が受け身に立たされる場面が目立った。


「練習から、ものすごく緊張していた。負けたくなかった」


 昨年オフには錦織圭と同じ大型スポンサーがつき、テレビなどのメディア露出も増えて、これまでと一転した多忙な時間を過ごしてきた。フェドカップのメンバーにも指名され、いよいよ本格的なプロ始動が、開幕試合の緊張感を呼んだのだろう。

危機を救った強力サーブとフォアハンド

フルセットの激戦は2時間25分に及んだ
フルセットの激戦は2時間25分に及んだ【写真:ロイター/アフロ】

 第1セット、集中力で優るクンクンのサービスをなかなか破れず、4−4で迎えた第9ゲームにやっとつかんだブレークポイント3本を、4度のデュースの末に粘られた。もつれ込んだタイブレークでは冷静さを失い、6(2)−(7)7で先手を奪われる嫌な展開だ。


 しかし、気持ちを切り替える点で、強力サーブは有効な武器だ。第2セットに入ると、ファーストサーブの精度を高めて短いポイント勝負でリズムをつかみ、リターンではスタミナ温存に入ったクムクムを早めにつかまえた。第2ゲームを先にブレーク、その後の反撃に対しても攻めの気持ちを失わずにセットを奪い返した。


 世界ランクは大坂の48位に対し、クンクンは183位。「格上の選手とプレーする方が簡単」というのは、トップ50に定着するための通過儀礼だ。大坂はクンクンの挑戦を必死にこらえた。ブレーク1度ずつで迎えた第7ゲーム、ファーストサーブが入らずにブレークポイントを3度握られたが、最後まで自分のフォアハンドを信じて危機脱出。相手も第10ゲームのブレークポイントを2度乗り切ったが、我慢した褒美のように、第12ゲームのデュースからコードボール(ネットイン)のちょっとした運が訪れ、2時間25分の激戦を制した。

2回戦は格上相手

 2回戦は、目下絶好調で、隠れた優勝候補にも推される第9シードのジョアンナ・コンタ(イギリス)。今度は思い切り挑戦できる、楽な立場だけに、期待したい。


 女子ではグランドスラム初出場の尾崎里紗(江崎グリコ)は敗れたが、西岡良仁(ヨネックス)は予選勝ち上がりの地元選手を倒して全豪オープン初勝利を収めた。


 その他では、セリーナ・ウィリアムズ(米国)、ラファエル・ナダル(スペイン)、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)らが南半球らしい夏の日差しのもとで順当に勝ち上がっている。


 日本時間18日に行われる大会第3日は、錦織圭が第1試合でジェレミー・シャルディー(フランス)と対戦する。


(文:武田薫)

◆◆◆WOWOW番組情報(PR)◆◆◆

全豪オープンテニス

2017シーズン最初のグランドスラム、全豪オープンテニスを全14日間連日生中継。今年最初の王者は誰だ?

2017年1月16日(月)〜1月29日(日)

WOWOW

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント