IDでもっと便利に新規取得

ログイン

チェコの3連覇か、仏が地元Vか フェド杯
杉山愛コラム「愛’s EYE」
  • WOWOW
2015年決勝で勝利し喜ぶ、チェコの(左から)プリスコバとストリコバ。今大会でも中心選手として戦う
2015年決勝で勝利し喜ぶ、チェコの(左から)プリスコバとストリコバ。今大会でも中心選手として戦う【Getty Images】

 フランスとチェコによるフェドカップ(以下、フェド杯)決勝が、現地時間11月12日からストラスブール(フランス)で行われます。チェコはこれまで9度、世界の頂点に立ち、今回は3連覇が懸かっています。一方、フランスは優勝が2度。国別ランキングではチェコが1位、フランスが2位と、文字通り強豪同士の対戦です。

3連覇狙う、世界ランク1位のチェコ

 チェコは優勝争いの常連だけに、豊富なメンバーをそろえています。その中で注目選手と言えば24歳のカロリナ・プリスコバでしょう。以前から期待されていた選手ですが、16年はブレークスルーイヤーになりました。

 186センチの長身から角度をつけて打つサーブが最大の武器。同じトスからワイドにもセンターにも打ち分けることができるため、相手はなかなかコースを読めません。グラウンドストロークは、力感があるというより、力が抜けているのにボールに力が伝わります。そこはまさに才能と言っていいでしょう。

 全米では女王セリーナ・ウィリアムズ(米国)に2セット連取で勝ちきりました。力がついている、そして今、勢いに乗っている、怖い若手であり、その存在がチームにも力を与えているように感じます。エース格のペトラ・クビトバのプレッシャーを和らげる要素になっていることは間違いありません。


 単複での活躍が期待できるのはバルボラ・ストリコバ。今年30歳になったベテランで、シングルスでも結果を出していますが、ダブルスをよく知っている選手という印象です。

 彼女のように単複こなせる選手が多いのはチェコの特徴です。今回は体調面も考慮してチームを外れましたが、主力の一人、ルーシー・サファロバも単複をこなし、全米ではベサニー・マテックサンズ(米国)と組んでダブルスのグランドスラムタイトルを取っています。単複できる選手が多いことは、チェコが何度もフェド杯を制覇している大きな要因でしょう。

モレスモ監督が率いるフランス、地元Vなるか

 多くの選手がフェド杯で活躍しているチェコと対照的に、今年のフランスはクリスティナ・ムラデノビッチ、キャロリン・ガルシアの2人の力で勝ち上がりました。2人はフランス期待の選手、連盟も力を入れている選手です。例えば今回はメンバー漏れしたオセアヌ・ドダンも爆発力のある選手ですが、安定感にまだ課題が残ります。チームの指揮をとるアメリ・モレスモ監督にしてみれば、ここというところでのガルシアとムラデノビッチの安定感は心強いに違いありません。


 特に今年は五輪イヤーということもあって、同国の2人がダブルスを組んでチーム力を高め、全仏オープンでは優勝を飾りました。フェド杯決勝でも2人で単複5戦をこなす可能性もありますが、両者とも23歳と若いので、監督にしてみれば不安要素はないのでしょう。


 よりメンバーがそろっているのはチェコでしょう。会場はインドアのハードコートですが、コートへの適性も含めて戦力的にはチェコに分があります。ただ、今回はフランスのホームでの開催で、このチームは観客との一体感を生かすのがうまく、観客もまた、雰囲気をつくるのがうまいのです。実力のある両国の対戦ですから、何が起きるか分かりません。


◆◆◆ WOWOW番組情報(PR) ◆◆◆


◆「女子テニス国別対抗戦 フェドカップ2016決勝 フランスvsチェコ」

【放送日】11月12日(土)・11月13日(日)生中継


◆「男子テニス国別対抗戦 デビスカップ2016決勝 クロアチアvsアルゼンチン」

【放送日】11月25日(金)〜11月27日(日)生中継


◆「生中継![テニス]インターナショナル・プレミア・テニスリーグ IPTL」

錦織圭、ヒンギス、サフィンたちがテニスの団体戦を戦う!新旧の世界トップ選手が5つのチームに分かれ、アジア各国を転戦する夢のリーグ戦を連日生中継!

【放送日】12月2日(金)〜18日(日)生中継 ※第1日 1試合目無料放送

WOWOW

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント