IDでもっと便利に新規取得

ログイン

カープの連勝スタートを広島OBが解説
“UFO投法”山内泰幸氏はどう見たか!?

アプリ限定

25年ぶりの日本シリーズ、広島は地元で2連勝の好スタートを切った
25年ぶりの日本シリーズ、広島は地元で2連勝の好スタートを切った【写真は共同】

 25年ぶりの歓喜に沸いた広島と、最大11.5ゲームを逆転して福岡ソフトバンクとの一騎打ちを制した北海道日本ハム。リーグ優勝チーム同士の戦いとなった2016年日本シリーズは、広島が地元マツダスタジアムで2連勝というスタートとなった。この2試合の戦いぶりを、選手、コーチとして1995年から2014年まで、カープ一筋の“UFO投法”山内泰幸氏に解説してもらった。

地元アドバンテージ>“二刀流”大谷

 山内氏はまず、最高のスタートを切った要因について、地元開催の有利さを挙げた。


「連勝の要因は、ホームのアドバンテージを生かした事だと思います。屋外の球場で、初戦は雨の中でのゲームとなりました。札幌ドームを本拠地としている日本ハムの投手は、雨の中で投げる事は少ないはず。その部分で、大谷(翔平)も自身の力を最大限には発揮できていないようでした。第2戦の増井(浩俊)も、コントロールミスが多かったし、慣れない内野天然芝でのグラウンドで、バント処理で致命的なミスを犯してしまいました。その点、カープの投手は少々の雨は慣れていますし、ジョンソンも野村(祐輔)も普段と変わらない投球をしていました。さらにスタンドを真っ赤に染めたお客さんの声援は、特にチャンスの時に、相手チームに与える影響が大きかったですね」

ベースボール・タイムズ
ベースボール・タイムズ

プロ野球の”いま”を伝える野球専門誌。年4回『季刊ベースボール・タイムズ』を発行し、現在は『vol.41 2019冬号』が絶賛発売中。毎年2月に増刊号として発行される選手名鑑『プロ野球プレイヤーズファイル』も好評。今年もさらにスケールアップした内容で発行を予定している。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント