原口元気「プラン通りだったが……」
W杯予選 オーストラリア戦後のコメント
先制ゴールを挙げた原口だったが、PKを与えたシーンを振り返り「悔やまれるというか、申し訳ない」とコメント
先制ゴールを挙げた原口だったが、PKを与えたシーンを振り返り「悔やまれるというか、申し訳ない」とコメント【Getty Images】

 サッカー日本代表は11日、メルボルンのドックランズスタジアムでオーストラリア代表とのワールドカップ(W杯)アジア最終予選に臨み、1−1で引き分けた。日本は前半5分に原口元気の3戦連続ゴールで先制するも、後半7分にマイル・ジェディナクにPKを決められ同点に終わった。


 試合後、先制ゴールを挙げた原口元気は「本当に狙い通りのゴールだった」とコメント。守備に関しても「11人全員が規律を持って、非常に良いポジショニングで相手に何もチャンスを与えないような守備ができていた」と手応えを語ったが、「だからこそあのシーンは……、悔やまれるというか、申し訳ないというか……」とPKを与えたシーンを悔やんだ。


 また、本田圭佑も「先制点を取っていただけに勝ちたかった」と悔しさをにじませたが、「今日のゲームプランでは、同点に追いつかれた時点で引き分けをよしとしないといけない」と妥当な引き分けだったことを強調した。


 日本は次戦、11月11日にホームでオマーン代表と国際親善試合を行い、15日にW杯アジア最終予選第5戦のサウジアラビア戦に臨む。

原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)

「悔やまれるというか、申し訳ない」


 得点は狙い通りです。まさに狙い通り。監督の言っていた通り、ショートカウンターがハマった。そして、圭佑くんと「ひとつタメて、そのタイミングで裏に出てくれ」という話をしていたので、本当に狙い通りのゴールだったかなと思います。


(監督が守備の戦術を多くやったと言っていたが)試合を見てもらえれば分かると思いますが、11人全員が規律を持って、非常に良いポジショニングで相手に何もチャンスを与えないような守備ができていました。(サイドバック/SBの位置まで守備に戻っていたが)誰に付くということまで言われていましたし、何も問題なく守れたかなと思います。SBが思ったより高い位置を取ってきたので、僕が引く時間が多かったですけれど、対面のSBより僕の方が速かったので、逆に引いてもいいかなくらいのイメージでやっていました。


(オーストラリアのフォーメーションがダイヤモンド型の4−4−2だったが)スカウティング通りです。(オーストラリアはなかなか攻撃の形を作れなかった)本当にプラン通りにいっていましたし、ひとりひとりがノーミスでいっていた。だからこそあのシーン(PKを与えた場面)は……、悔やまれるというか、申し訳ないというか……。


(あの局面では守備に戻るだけでも大変だったと思う)あれはPKだったと思うし、僕が止まれなかった。危ないと思って戻ったんですけれど、結果的に……。今日のジャッジ的に並行で横からぶつかってもファウルになることが多かったので、なおさら気をつけなければいけなかったと思います。あのシーンはPKですけれど、他のシーンでは平等に当たって吹き飛ばしていましたし、そこで取られてしまうのはちょっと苦しいなと思いました。

本田圭佑(ミラン/イタリア)

「妥当な引き分けだった」とアウェーゲームを冷静に振り返った本田
「妥当な引き分けだった」とアウェーゲームを冷静に振り返った本田【写真:長田洋平/アフロスポーツ】

「妥当な引き分けだった」


(原口の得点シーンを振り返って)あのシーンだけに関して言えば、俺がボールを持った時に元気が早く動き出しすぎる傾向があった。(香川)真司やキヨ(清武弘嗣)とかはそのパターン(タイミング)で出すんですけれど、俺はそっちよりももう1個タメて出したいと元気に話していた。前々日に「1個遅れろ」って言っていたのが、あの場面で元気も理解して、(タイミングを)1個遅らせて出たことでオフサイドにもならずに、かつDFの重心をうまく生かして逆を取ることができました。


(久々の1トップだったが)欲を言えば先制点を取っていただけに勝ちたかったです。でも今日のゲームプランからいけば、同点に追いつかれた時点で引き分けをよしとしないといけないと思います。向こうも勝ちたかっただろうし、妥当な引き分けという意味では、まあ50点くらいの採点になるのかなと思います。個人的にも。いつぶりにFWをやったのかちょっと覚えていないですけれど、記憶では(アルベルト・)ザッケローニの時は1回もやっていないです。


(50点ということは決して満足ではない?)全然よくなかったです。もっとできたと思います。自分の中である程度、腹をくくって、そんなに自分の特性ではないと分かっている右サイドで気張ってやってきているというのがある。別にスピードがなくても点を取れるってことを証明したいと思ってやっている中で、ぶっつけ本番でいきなりFWになったりする。サイドと全く求められている役割が違うので。悔しいけれど、50点くらいにしかならないですね。


(監督のサッカーの完成度は)ちょっとビデオを見たいなとは思っていますが、やっていて課題は多いなと感じています。評価は今ここでは冷静には分析できていないですが、全然満足はしていないです。たぶんそれは全員思っていると思います。


(思い当たる課題は)多いです。守備もそうですし攻撃も。やっぱりこの短期間でイラク戦から全く戦術を変えて、アウェーでとにかく勝ち点は絶対に取りたいと思い、最低限の勝ち点は取れた。とはいえ、内容はいいように支配された。「支配させる」という感覚で前半はちょっとだけいられたんですけれど、後半は「支配される」に変わったと思います。これは大きな課題だと思っています。後半も「支配させる」という感じのゲームプランのまま2点目を狙いにいけたのであれば、もう少し評価はできましたが、後半はちょっと反省の方が多かったです。

香川真司(ドルトムント/ドイツ)

香川は「これ以上やれることはなかった」と厳しいコメント
香川は「これ以上やれることはなかった」と厳しいコメント【写真:長田洋平/アフロスポーツ】

「これ以上やれることはなかった」


(ボールポゼッションでかなり上回られていたが、この戦い方は受け入れられる?)受け入れるしかないです。ベストと言ったら変ですけれど、1−1という状況ですが、今日の試合に関してはこれ以上やれることはなかったのかなと思ってます。


(後半はかなり一方的にやられていたが)そうですね(苦笑)。圭佑君だけを残しながら、僕ら中盤を含めてディフェンスの選手たちのラインが下がってしまっていました。それは全然分かっていたんですけれど、そこから押し上げていくという意味では、前線との距離があった。攻撃では、元気から(浅野)拓磨であったり、サイドを中心に2〜3本のカウンターしかチャンスがなかった。そこで起点を作る以外になかなか筋道が見えなかったというのが、大きな課題だと思います。


(どのようにしたら良くなるのか?)まずはやはり守備の段階で、僕たちがやられないようにうまく守備をしたというのがある。ただ、今日は前線からプレスにいけたシーンというのは数えるくらいだったと思います。後半あれだけラインを落とされた中で攻撃をするというのは、なかなか厳しいなというのをすごく感じるゲームでした。それを踏まえて、W杯であったり、ヨーロッパのチームと戦うときはこういう戦いになるんじゃないかな、というのをすごく感じるゲームだったと思います。

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント