sportsnavi

学生3大駅伝がスタート
東京五輪世代のランナー達に注目

 2016年度の学生3大駅伝は、10月10日の出雲駅伝から開幕、11月6日に全日本大学駅伝、来年1月2、3日には箱根駅伝が行われる。リオデジャネイロ五輪が終わり、いよいよ4年後の2020年には東京五輪がやってくる。そこで、“東京世代”の注目選手と、彼らの駅伝シーズンでの見どころを紹介する。

服部、一色、中谷が“3強”

現役日本人学生の最速記録を持つ服部弾馬(27番)の走りが、東洋大勝利のカギを握る
現役日本人学生の最速記録を持つ服部弾馬(27番)の走りが、東洋大勝利のカギを握る【写真:YUTAKA/アフロスポーツ】

 今季の学生長距離界を引っ張るのは、服部弾馬(東洋大)、一色恭志(青山学院大)、中谷圭佑(駒澤大)の3人で、いずれも強豪校の4年生エースだ。


 スピードランナーの服部は1500メートル3分42秒06、5000メートル13分34秒64と、現役日本人学生の最速記録を持つ。今季の目標にしていたリオ五輪5000メートル出場はかなわなかったが、すでに来年のロンドン世界陸上を見据える。3大駅伝では1年時の箱根駅伝7区、3年時の全日本大学駅伝2区で区間賞を獲得している。この2大会で東洋大は優勝しており、今季も服部の区間賞が勝利にかかせない。3大会とも、前半区間に起用されるだろう。


 高校時代に服部とチームメートだった一色は、今年2月の東京マラソンで学生歴代10位の2時間11分45秒をマーク。マラソンで東京五輪を狙うことを明言している。6月の日本選手権5000メートルでも4位に入賞するなど、屈指の安定感を誇る。ただ、3大駅伝では常に主要区間を務めてきたこともあり、区間賞が一度もない。ラストイヤーの今季は、学生駅伝3冠を目指す青山学院大のエースとして、初の区間賞獲得が期待される。


 中谷は10000メートル28分17秒56、ハーフマラソン1時間01分21秒で、服部と同様に2種目で現役の日本人学生最速記録を持つ。これまで8回出場した3大駅伝で区間賞4回、2位が3回と勝負強さがある。しかし、夏に右足のかかとを故障し、出雲駅伝のエントリーから外れた。駒澤大が上位に進出するためには欠かせない選手だけに、全日本大学駅伝から戦列に復帰するかが気になるところだ。

五輪代表の塩尻、出雲と箱根に登場か

リオ五輪に出場した順天堂大の塩尻和也(中央)は、駅伝でも持ち前の積極性でレースを盛り上げそうだ
リオ五輪に出場した順天堂大の塩尻和也(中央)は、駅伝でも持ち前の積極性でレースを盛り上げそうだ【写真:YUTAKA/アフロスポーツ】

 リオ五輪の3000メートル障害に、現役学生として出場した塩尻和也(順天堂大2年)も忘れてはならない。駅伝でも、持ち前の積極性でレースを盛り上げるだろう。順天堂大は出雲駅伝と箱根駅伝のみの出場で、塩尻は2大会とも序盤区間の起用が予想される。


 留学生のツートップであるドミニク・ニャイロ(山梨学院大2年)、パトリック・ワンブィ(日本大2年)の爆発力にも注目。ニャイロは昨季、出雲駅伝6区と全日本大学駅伝8区で区間賞、箱根駅伝2区2位で、3大会ともルーキー史上最速記録で走った。初戦の出雲から、チームを優勝に導く快走を見せられるか。一方のワンブィは、今季が駅伝デビュー戦。日本大は現段階で出場が決まっているのは全日本大学駅伝のみで、箱根駅伝はまず10月15日の予選会に挑む。ワンブィは9月の日本インカレで5000メートル、10000メートルの2冠を獲得するなど、スピードではニャイロを上回る。同学年でライバル意識も強い2人が、同じ区間で対決すれば、白熱した戦いになることは間違いない。


 ほかにも、中谷とともに駒澤大を引っ張る工藤有生(3年)、10000メートルで今季日本人学生1位の記録を持つ櫻岡駿(東洋大4年)、5月の関東インカレ5000メートルで日本人トップの2位に入った平和真(早稲田大4年)、日本インカレ5000メートルでワンブィに続いて2位の石川颯真(日本大4年)ら、トップレベルの選手たちが登場する。

 3月の日本学生ハーフマラソンを制した林竜之介(東海大4年)、関東インカレ1500メートル優勝の秦将吾(山梨学院大4年)も力をつけており、要チェックだ。林は日本インカレ1500メートル3位のスピードがあり、5000メートルでも自己記録を更新した。秦は10月に5000メートルで今季学生ランキング5位の13分40秒79をマーク、出雲駅伝ではスピードを生かした走りが期待できる。

石井安里
静岡県出身。東洋大学社会学部在学中から、陸上競技専門誌に執筆を始める。卒業後8年間、大学勤務の傍ら陸上競技の執筆活動を続けた後、フリーライターに。中学生から社会人まで各世代の選手の取材、記録・データ関係記事を執筆。著書に『魂の走り』(埼玉新聞社)

スポナビDo

イベント・大会一覧