IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ロズベルグにとって岐路となるか!?
今宮純のシンガポールインプレッション
2番手のレッドブルが積極的な戦略で首位を走るロズベルグに揺さぶりをかけるも、迷わず、ぶれずに0.4秒差で逃げ切ったロズベルグ
2番手のレッドブルが積極的な戦略で首位を走るロズベルグに揺さぶりをかけるも、迷わず、ぶれずに0.4秒差で逃げ切ったロズベルグ【MercedesAMG】

 記憶力がいいニコ・ロズベルグだから、過去の予選10位、決勝11位(リタイアは除く)というワースト結果を忘れているはずはない。だからこそシンガポールGP9回目に初めてポールポジション(PP)を大差で決め、1時間55分48秒950の最短レースタイムでの初勝利は格別。通算200戦、通算22勝、今季273点、首位逆転──勝負強いニコを見た。


 マリーナ・ベイ沿いにつづく直角ターン、その18コーナーでは必ず誰かがやってしまう。ミスったのはロズベルグ。フリー走行1回目でバリアに刺さった。タイトルを争う者がいきなりとは……フリー走行1回目のトップはマックス・フェルスタッペン、2位ダニエル・リカルドとレッドブル勢が予想どおりにワン・ツー。


 メルセデスはノーズだけでなくフロント周りをすべてチェック。チームの努力に応え、ロズベルグはフリー走行2回目で立ち直る。セクター1最速、高速コーナー・エリアでのカーバランスをまず追及してから、他のセクター(低速コーナーエリア)に合わせこむセットアップ方向は正しい。

雷雨の影響でセッティングはやり直し

 今年、この街を毎朝、激しい雷雨が襲った。高層ビル街がかすみ、視界200メートルくらいになる大粒シャワーだ。あまり排水性がよくない公道路面は一部冠水、当然タイヤラバーはすべて洗い流される。土曜のフリー走行3回目の路面状態は振り出しに戻ってフリー走行1回目レベルに。セッティングはやり直し。


 セクター1の5コーナーに行き定点観測、ロズベルグよりルイス・ハミルトンの維持速度が高めで、レッドブル勢と同程度に映った。だがロズベルグは前日やり残したセクター3に焦点を当てたのだろう。そこで最速タイムをマーク。ラバーグリップが流された影響でフリー走行2回目より0.200秒遅いが、1分44秒352でトップ。


 フリー走行1回目のクラッシュから「いい流れ」に戻したロズベルグ。一方ハミルトンはトラブルが続き、十分周回できない。彼はフリー走行中にブレーキングポイントを自己チェックしながら、得意の“突っ込み味”を決めていく。だがそのために必要な“下味”を整えられないように感じ取れた。これだとブレーキ設定がはかどらないだろう。

F1速報
F1速報

現在、日本で唯一のF1グランプリ速報誌。サイトでは最新ニュースとともに、ウェブ限定のオリジナル記事を多数掲載しています。現場からの速報だけでなく、独自の分析やバラエティ企画も充実。F1ファンが、もっとF1を楽しむための場を目指して、これからも進化していきます。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント