IDでもっと便利に新規取得

ログイン

錦織が見せたリターンとサーブの好循環
マリー戦へ大きな省エネ勝利
  • WOWOW

 男子のベスト8が出そろい、錦織圭(日清食品)は準優勝した2年前に続いて全米オープンで2度目、グランドスラムでは今年の全豪オープンに続いて通算6度目の準々決勝進出を決めた。1日空けて行われる準々決勝では、この日、グリゴル・ディミトロフ(ブルガリア)を破った第2シードのアンディ・マリー(イギリス)と対戦する。7年前の全米王者、フアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)と第3シードのスタン・ワウリンカ(スイス)も勝ち上がった。

完璧だった第1セット

211センチ、104キロのカロビッチ(右)と、178センチ、75キロの錦織。体格差は歴然だ
211センチ、104キロのカロビッチ(右)と、178センチ、75キロの錦織。体格差は歴然だ【写真:USA TODAY Sports/アフロ】

 錦織と身長211センチのイボ・カロビッチ(クロアチア)との対戦成績はこれまで1勝2敗。初対戦だった2012年の国別対抗戦デビスカップ(日本開催)で打ちのめされた印象も強いが、4年の歳月の重みを見せつけての完勝だ。


 カロビッチといえばビッグサーブで、今大会3回戦までの通算エース数は1位のジョン・イスナー(米国/100本)と1本差の2位。3回戦での最速サーブは時速216キロとさほどでもないが、長身からの角度が脅威。この日、錦織はそのサーブ攻略に成功した。


 強い風がカロビッチの武器を不安定にしたこともあるが、錦織はこの日「大会に入って最高の出来」と自賛したほどリターンが抜群。第1セット、カロビッチのセカンドサーブからのポイント獲得を33%に抑えて見事に攻略に成功し、リターンとサーブの好循環に、まったく危なげがなかった。


「自分のサーブが良かったですね。ファーストの確率も威力もこれまでで一番良かったと思います。一つには、相手があまりリターンの得意な選手ではないので、それほどリスクを負わなかったこともありますが、これまでで最高の試合でしたね」


 第1セットの錦織のファーストサーブは確率64%で、そこからのポイント獲得率は100%。4度のサービスゲームで相手に与えたポイントはわずかに2ポイント、それもダブルフォルト2本という完璧な出来だったのだからカロビッチも対抗できない。

期待される2年前の再現

リターンとサーブの好循環でストレート勝利を収めた錦織は「最高の出来」と手応えを口にした
リターンとサーブの好循環でストレート勝利を収めた錦織は「最高の出来」と手応えを口にした【写真:USA TODAY Sports/アフロ】

 互いにサービスキープで進んだ第3セットの第10ゲーム、15−40と、この試合で初めてブレークポイント(セットポイント)を握られる。だが、そこでもセカンドサーブからサーブ・アンド・ボレーを決めるなど自在な発想で切り抜け、タイブレークも一気に6−0まで持って行って、試合時間は2時間1分のストレート勝ち。省エネでの8強進出は大きい。


「2週目に入ると自然に集中力が上ってきますね。特に今日は、いかにリターンを返せるか、集中しないといけない相手だったこともあります。身体も問題なく、いい試合ができたので、(次がマリーなら)楽しみです」


 決勝まで進んだ2年前は、4回戦で第5シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)を倒して勢いづき、準々決勝で第3シードのワウリンカ、準決勝でノバク・ジョコビッチ(セルビア)を退けた。今大会も、この日の好感触を準々決勝にぶつけることができれば、夢は大きく近づくだろう。


(文:武田薫)

◆◆◆ WOWOW番組情報(PR) ◆◆◆

「全米オープンテニス」

2016シーズン最後のグランドスラムとなる全米オープンテニス。世界の頂点を目指す“日本のエース”錦織圭の戦いなど、現地の感動と興奮を連日生中継。


2016年8月29日(月)〜9月12日(月)

WOWOW

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント