IDでもっと便利に新規取得

ログイン

プロスト的勝利のハミルトンが首位浮上
今宮純のハンガリーGPインプレッション
あえて独走することなく勝ったハミルトン。ロズベルグの精神的なダメージは……?
あえて独走することなく勝ったハミルトン。ロズベルグの精神的なダメージは……?【LAT】

 ハンガリーGP通算5勝目は今シーズン5勝目。これでルイス・ハミルトンがチャンピオンシップのリーダーとなった。その勝ち方は彼の憧れるアイルトン・セナではなく、アラン・プロストを思わせるような心憎いペース駆け引きによるものだった。


 速さで押すレースではなく、むしろ速さを必要十分な程度に抑え、2位ニコ・ロズベルグをぶっちぎろうとはしなかった。


「1周引き離そうが1秒差だろうが、前でゴールすれば、勝ちは勝ち」


 これは昔、国内レース取材を始めたころに日産ワークスチームの長谷見昌弘さんから聞いたお言葉。奥深い意味を、駆け出し新米記者の自分は理解するまでに時間がかかった。余談を言うなら星野一義さんはセナ的で、長谷見さんはプロスト的なのかもしれない。F1取材に移行してから、お二人を、そう思ったりした。

トップ集団すべてがスタートで加速

 ハミルトンに戻ろう。濡れたフリー走行1回目からインターミディエイト・タイヤでスタート練習に余念がなかった。チームは序盤戦に露呈したスタートダッシュ力の不備をクラッチ機構からすべて見直し、本社モータースポーツ部門以外でも研究開発を重ねた。夏までに成果を出すのが命題。何度もピット出口で繰り返し、弱点をつぶそうと努力を惜しまないメルセデス・ワークスの底力。あのハミルトンが最近は、優勝コメントでファクトリーのサポートを称えるようになった。お世辞みたいな言い方ではなく、実感している言葉だ。


 コース全域が新舗装され、毎日雨に洗われたグリッドは奇数列も偶数列も路面グリップに、これまでのような差異はない。2番手のハミルトンがダッシュ、2列目レッドブル勢もそつなく、3列目フェラーリのベッテルもクリーンに決めた。今年トップ集団すべてが、これほどのスタート加速を見せたのは印象として初めてだ。


 だから広い1コーナーで“スリーワイド(3台が並走)”のような飛び込みが見られた。たまらないシーン。ハミルトンは抜け出し、ロズベルグは位置取りがうまくいかず後退、それでも2コーナーへのアウトサイド・ラインを見抜いた。一瞬レッドブル勢にやられかかったピンチをしのぎ、メルセデス勢がワンツーを確保。ハンガロリンクでは1〜2コーナーをめぐる攻防、位置取りとスペースによってトラクションも変化するから、最初で最後の最大のオーバーテイク・チャンスが、ここになる。


「取ったぞ1コーナー」。だが、ハミルトンには逃げを打つ気配がない。5周目1.405秒、10周目2.033秒、15周目2.557秒、16周目にピットへ。ここまでスーパーソフトをいたわり、ソフトタイヤに切り替えても2秒前後のリードを保ち続け、41周目に2度目のピットイン。2位のロズベルグ目線だと、敵を視界内に捉えてている。52周目、周回遅れのエステバン・グティエレスに引っ掛かったハミルトンは「早くどけ」と抗議、ロズベルグとの差は0.619秒差に急接近。すると53周目1.208秒、55周目2.688秒、またたく間に視界の外へ逃げていった。

F1速報
F1速報

現在、日本で唯一のF1グランプリ速報誌。サイトでは最新ニュースとともに、ウェブ限定のオリジナル記事を多数掲載しています。現場からの速報だけでなく、独自の分析やバラエティ企画も充実。F1ファンが、もっとF1を楽しむための場を目指して、これからも進化していきます。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント