“投手イチロー”を日本で唯一知る男 高津臣吾が振り返るイチローとの対戦

菊田康彦
アプリ限定

1996年のオールスター第2戦でマウンドに上がったイチロー。その時のバッターボックスに立った高津・現ヤクルトコーチは何を感じたのか? 【写真は共同】

 1996年のオールスターゲーム第2戦(東京ドーム)。その9回裏に観客が沸いた。2死走者なしで打席に松井秀喜(当時巨人)を迎えると、パ・リーグを率いた仰木彬監督が「ピッチャー・イチロー」を告げる。対するセ・リーグの野村克也監督は、高津臣吾(当時ヤクルト)を代打に送る。結果は……。その時、打者・高津は何を思ったのか、どう感じたのか。

 その対戦からちょうど20年、現在は東京ヤクルトでコーチを務める高津に話を聞いた。オールスターの打席から見えた光景、95年の日本シリーズでの対策、そしてメジャーリーグに舞台を移しての対戦など、イチローとの思い出を語ってくれた。

「1球目を見て『これはスゴい』と」

──投手として日米でイチロー選手と対戦し、さらに“ピッチャー”イチローとも対戦した経験があるのは、世界広しといえども高津さんただ1人です。まずは「イチロー投手」との対戦を振り返ってください。

 あの時(1996年オールスター第2戦)は野村監督と仰木監督の間で、オールスター前からそういう話が出て盛り上がっていましたからね。「どうなんだろう?」とは思っていましたけど、まさか僕が当事者というか、打席に立つことになるとは思ってもみませんでした。

──全パが7対3とリードした9回裏、2死からイチロー選手が登板。本来なら松井秀喜選手の打順だったわけですが、野村監督が松井選手と話をした上で交代させました。代打に指名された高津さんとしては「まさか」という思いだったのではないですか?

 そうですね。スパイクも脱いでロッカーに行った時に、ベンチから(代打の)声がかかって慌ててスパイクに履き替えたという状況でした。とりあえず飯田(哲也=当時ヤクルト、現福岡ソフトバンクコーチ)のヘルメットとバットを借りてバッターボックスに立ったんですけど、当時広島東洋カープの野村(謙二郎)さんからはその時に「(打席で)ちょっと(後ろに)下がっていたほうがいいんじゃないの?」って言われたぐらいです。まあ、バタバタしてた感じはありました。

──イチロー投手の投球を見た印象はいかがでした?
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

1/3ページ

著者プロフィール

菊田康彦

静岡県出身。地方公務員、英会話講師などを経てライターに。メジャーリーグに精通し、2004〜08年はスカパー!MLB中継、16〜17年はスポナビライブMLBに出演。30年を超えるスワローズ・ウォッチャーでもある。著書に『燕軍戦記 スワローズ、14年ぶり優勝への軌跡』(カンゼン)。編集協力に『石川雅規のピッチングバイブル』(ベースボール・マガジン社)、『東京ヤクルトスワローズ語録集 燕之書』(セブン&アイ出版)。

新着コラム

コラム一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント