IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ドライバー力を見せつけたハミルトン
今宮純のイギリスGPインプレッション

イギリスが愛するクラークに迫るハミルトン

シルバーストン3連勝を果たしたハミルトンは、現代のクラークとなるか
シルバーストン3連勝を果たしたハミルトンは、現代のクラークとなるか【XPB Images】

「フライング・スコット」天駆けるスコットランド人と言われたジム・クラーク。1962、63、64、65年とイギリスGPで4連勝。67年も制して最多5勝。誰もが認める最速レーサーであった。


 50回目の開催を迎えたシルバーストンで最大の注目点は、2014年から連勝中のルイス・ハミルトンが3連勝できるかどうか。クラークのあと、誰もできずに半世紀が過ぎた。「やっちゃえ、ルイス」──そんな個人的な思い入れがあった。


 金曜の生中継を担当、5年ぶりに組むフジテレビの西岡孝洋アナウンサーと伝統あるサーキットの物語について打ち合わせ中に雑談を。勉強家の彼は、伝統のイベントの重みや格調の高さを、よくわかっている。ハミルトンは初日から、いつも以上にきめ細やかに過半数が高速となる18のコーナーを丁寧に攻めた。普段あちこちでロックアップするのに節度があり、ブレーキングポイントがずれない。メートル単位、コンマ秒単位でしっかりつかめていた。フリー走行1回目から昨年のポールポジションタイムを更新する完璧なリズム。


 1960年代にクラークは、あらゆるコーナーを定規で測ったような、きれいな4輪ドリフトで駆け抜けた。豪快というよりも華麗で、ファンのみならずレース関係者さえ魅了された。85年生まれのハミルトンがクラークを知らないのは当たり前、アイルトン・セナが彼のアイドルなのだから。だが、いまのルイスはクラークに迫る存在になれるかもと思える週末だった。


 今年、客席には高齢ファンの姿が目立った。テニスのウインブルドン決勝もあるのにスタンドは超満員。勝手な想像だが、クラークやグラハム・ヒル、ジョン・サーティースら英国の全盛期を懐かしみ、それをハミルトンにだぶらせる思いがあったからではないか。65年にはイギリス人ドライバーがトップ5を独占。4連勝クラークに、ヒル、サーティース、マイク・スペンス、ジャッキー・スチュワートが続いた。しかし今季はハミルトンだけ。バトンには期待できず、パーマーは無理。ベテランファンたちはハミルトンひとりに思いを寄せ、賭けた。

F1速報
F1速報

現在、日本で唯一のF1グランプリ速報誌。サイトでは最新ニュースとともに、ウェブ限定のオリジナル記事を多数掲載しています。現場からの速報だけでなく、独自の分析やバラエティ企画も充実。F1ファンが、もっとF1を楽しむための場を目指して、これからも進化していきます。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント