錦織圭「痛みの不安と戦いながらやる」
石黒賢が直撃、全英直前インタビュー
  • WOWOW

 英国・ロンドンで行われるテニスのグランドスラム(4大大会)第3戦、ウィンブルドンが、いよいよ27日に開幕する。サーフェスは4大大会の中で唯一、球足が速く弾まないグラス(芝)コートを使用。勝負どころでいかにうまくネットプレーを駆使できるかが勝負のポイントとなる。

脇腹のけがが心配される錦織。本人も「不安と戦いながら」と明かしてくれた
脇腹のけがが心配される錦織。本人も「不安と戦いながら」と明かしてくれた【Getty Images】

 ウィンブルドンは、錦織がベスト8入りを果たせていない、唯一の4大大会。果たして16強に終わった全仏オープンの悔しさを今大会で晴らすことができるのか!? 2年連続の第5シードとなった錦織は、男子シングルス1回戦で、オーストラリアのサミュエル・グロートと対戦することが決定。試合を前に、俳優・石黒賢氏が錦織に独占インタビューを行った。

芝は「体への負担が大きい」

石黒:日本中が心配していますが、脇腹の具合はいかがでしょうか?


錦織:だいぶ良くなってきましたね。1週間半くらい経つので、痛みも減ってきました。1試合目は大丈夫だと思います。


石黒:コンディションはほぼ万全でしょうか?


錦織:まだ100パーセントではありません。試合をするにつれて、痛みが出るかもしれないという不安も少しあるので、それと戦いながらやっていくことになると思います。


石黒:ウィンブルドンの芝は、選手からは違う筋肉痛になるとか、脚の変な所が張るということをよく聞きます。芝だから球が滑りづらいということだと思いますが、他のサーフェスと違って何が違うのか、教えてください。


錦織:重心を低くしなくてはいけないので、太ももの後ろやお尻などの筋肉痛がきやすいですね。止まったり激しい動きをしないといけないので、他のサーフェスより体への負担は大きいと思います。

いいテニスで勝って自信つける

石黒:1回戦であたるサミュエル・グロート選手は、263キロを過去の大会で記録したことのあるビッグサーバーです。錦織選手はリターンがうまいですが、打つ瞬間は何を考えていますか?


錦織:あれくらいのサーバーだとスピードもあるので、予測していかないと間に合わないので、ある程度ヤマを張っています。なるべく振りすぎないようにしたり、後ろにテイクバックし過ぎないようにしたり、重心を低くしたりと考えながら打っています。


石黒:2年前、僕が「錦織さん騒がれて大変でしょ?」と聞いた際、「会場の周りだけですよ。テニスやる人だけですよ」と言っていましたが、今やテニスをやる人以外も知っていますよね。街中でも大変だと思います。リラックスする時は何をしているのですか?


錦織:パソコンを見ることが多いですね。ゲームをすることも多いですし、おいしいご飯を食べられるので、リラックスできる時間は多いです。


石黒:ウィンブルドンで勝つのに一番大事なことは何ですか?


錦織:もう少し自信をつけることですね。試合をもっと勝つだけではなく、いいテニスで勝っていけるようになれば、自信になると思います。まだ芝で、100パーセントこれだっていうテニスができていないので、それができればいいテニスもできると思います。


◆◆◆ WOWOW番組情報(PR)◆◆◆


■「ウィンブルドンテニス」

【放送日】6月27日(月)〜7月10日(日)連日生中継 [7月3日(日)除く]

※初日無料放送


<関連番組>

■「錦織圭 世界の頂点へ!ウィンブルドンテニス開幕直前スペシャル!」

【放送日】6月26日(日)夜9:30〜[WOWOWプライム]※無料放送


■「デイリーナビ!ウィンブルドンテニス」

【放送日】6月28日(火)午後2:55 [WOWOWプライム] ほか ※無料放送

WOWOW

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント