IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東大・宮台、球威評価されて日本代表へ
33年ぶり史上2人目の快挙に「光栄」
東大から33年ぶりに日本代表に選出された宮台。日本代表・横井監督は先発の1人として期待している
東大から33年ぶりに日本代表に選出された宮台。日本代表・横井監督は先発の1人として期待している【写真:赤坂直人/スポーツナビ】

 第40回日米大学野球(7月12〜17日/新潟、神宮球場、静岡で5試合)の日本代表メンバー24名が19日、日本代表選考合宿が行われた神奈川・バッティングパレス相石スタジアムひらつかで発表された。東大から1983年の大越健介投手以来33年ぶり史上2人目となる宮台康平投手が選出された。

先発を期待される宮台

「対アメリカを考えながら投手陣を選んだ」という横井人輝・日本代監督は「アメリカ相手に先発としてゲームを作れるボールを持っている」と、合宿初日に自己最速を更新した148キロのストレートを選考理由に挙げた。柳裕也(明大)、佐々木千隼(桜美林大)と並んで宮台に先発を期待していることを明かし、アメリカの陣容が分からない中、初めて対戦する相手に対して「頭脳も十分に対応できるポテンシャルを持っている」と適応力も高く評価した。合宿解散後に代表入りを知った宮台は「選んでいただいて大変光栄です。大学日本代表の名に恥じないプレーをしたいと思います」とコメントを残した。


 17日の合宿初日の紅白戦では2回1失点ながら自己最速148キロを計測。最終日となったこの日は1イニングを投げて、1安打1四球も併殺に打ち取るなど無失点。中1日の登板で最速は143キロにとどまったが、ストレートで小林満平(法大)をサードファウルフライトに打ち取った。宮台は「疲れはあったけど、しっかり放れた」と手応えを感じていた。


 ただ、首脳陣が評価したストレートでも、「レベルの高い相手には通用しないことが分かった。もう1個上に行くためにコントロールだったり、配球だったり、ピッチングの術を考えないといけない。もう1回自分の長所は何かを考えたい」と振り返る。日米大学野球では体格では日本人より勝るアメリカの打者相手に、この合宿で生まれた課題をどう生かすか。

主将の明大・柳「気持ちで負けない」

日本代表の横井監督(中央)と主将を務める柳(一番右)、3年連続日本代表に選出された佐藤。横井監督も経験豊富な2人に期待を寄せる
日本代表の横井監督(中央)と主将を務める柳(一番右)、3年連続日本代表に選出された佐藤。横井監督も経験豊富な2人に期待を寄せる【スポーツナビ】

 野手では京田陽太、吉川尚輝の注目のドラフト上位候補ショート2人が選出された。横井監督は「アメリカに勝つためにパワー、スピード、走力を見て選手を選んだ。パワーでは勝てないが、走力のある選手が多いので、足を絡めていきたい」と理想を語った。3年連続日本代表に選出された巧打の佐藤拓也(立教大)は「外国人はきれいな真っすぐが少なく、動くボールが多いので、その対応がポイント」と課題を挙げつつ、「自分が野手を引っ張る気持ちでアメリカに5勝するつもりでやっていきたい」と意気込んだ。


 主将には先発の柱として期待される柳裕也(明治大)が指名された。明治大でも主将を務める柳は「キャプテンに指名していただいた気持ちに応えたい。一番大事なのは気持ち。絶対負けないんだという強い気持ちを持つチームにしたい」と力強く抱負を語った。

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント